IMAPIStatus::SettingsDialogIMAPIStatus::SettingsDialog

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MAPI が実装している状態のオブジェクトでこのメソッドがサポートされていないサービス ・ プロバイダーの構成を変更するユーザーを有効にするプロパティ シートを表示します。Displays a property sheet that enables the user to change a service provider's configuration This method is not supported in status objects that MAPI implements.

HRESULT SettingsDialog(
  ULONG_PTR ulUIParam,
  ULONG ulFlags
);

ParametersParameters

ulUIParamulUIParam

[in]構成のプロパティ シートの親ウィンドウへのハンドル。[in] A handle to the parent window of the configuration property sheet.

ulFlagsulFlags

[in]プロパティ シートの表示を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls the display of the property sheet. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

UI_READONLYUI_READONLY

プロバイダーをユーザー設定のプロパティを変更するのには有効にする必要があることをお勧めします。Suggests that the provider should not enable users to change configuration properties. このフラグは、単なる提案です。無視することができます。This flag is only a suggestion; it can be ignored.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

構成のプロパティ シートが正常に表示されます。The configuration property sheet was displayed successfully.

MAPI_E_NO_SUPPORTMAPI_E_NO_SUPPORT

状態オブジェクトは、このメソッドをサポートしていませんPR_RESOURCE_METHODS (PidTagResourceMethods) のプロパティに STATUS_SETTINGS_DIALOG フラグがない場合で示される。The status object does not support this method, as indicated by the absence of the STATUS_SETTINGS_DIALOG flag in the PR_RESOURCE_METHODS (PidTagResourceMethods) property.

備考Remarks

IMAPIStatus::SettingsDialogメソッドでは、[設定] プロパティ シートが表示されます。The IMAPIStatus::SettingsDialog method displays a configuration property sheet. すべてのサービス プロバイダーは、 SettingsDialogメソッドをサポートする必要がありますが、必須ではありません。All service providers should support the SettingsDialog method, but it is not required. サービス プロバイダーでは、独自のプロパティ シートを実装したり、サポート オブジェクトのIMAPISupport::DoConfigPropsheetメソッドで指定された実装を使用することができます。Service providers can implement their own property sheets or use the implementation supplied in the support object's IMAPISupport::DoConfigPropsheet method. DoConfigPropsheetは、読み取り/書き込みプロパティ シートを作成します。DoConfigPropsheet builds a read/write property sheet.

実装者へのメモNotes to implementers

リモート トランスポート プロバイダーに設定がある場合は、以下を実行にする必要があります。If a remote transport provider has any settings, it should do the following:

  • トランスポート プロバイダーのプロファイル セクションを開きます。Open the transport provider's profile section.

  • プロファイルから、トランスポート プロバイダーのプロパティの設定値を取得します。Get the transport provider's property settings from the profile.

  • ダイアログ ボックスでプロパティの設定を表示します。Display the property settings in a dialog box.

  • ダイアログ ボックスは、プロパティの設定の編集を許可している場合は、新しい設定が有効ですし、トランスポート プロバイダーのプロファイル セクションに保存を確認してください。If the dialog box allows editing of the property settings, check that the new settings are valid and store them back in the transport provider's profile section.

  • S_OK、または上記の手順の実行中に返されたエラー値を返します。Return S_OK, or any error values returned during the preceding steps.

呼び出し側への注意Notes to callers

SettingsDialogを使用して表示されるプロパティ シートを使用して、さまざまな次のように、タスクを実行できます。You can use the property sheet displayed through SettingsDialog to perform a variety of tasks, such as the following:

  • 既定のメッセージ ストアを指定します。Specify a default message store.

  • トランスポートの順番を指定します。Specify a transport order.

  • 参照の既定のアドレス帳コンテナーを指定します。Specify a default address book container for browsing.

  • あいまいな名前を解決するための検索順序を指定します。Specify a search order for resolving ambiguous names.

  • 既定の個人用アドレス帳を指定します。Specify a default personal address book.

サービス プロバイダーには、読み取り/書き込み、読み取り専用プロパティ シートまたはプロパティによって、アクセス許可の両方を実装できます。Service providers can implement property sheets that are read/write, read-only, or a mixture of permissions, depending on the property. サービス プロバイダーは、プロパティの制限を設定することにより、個々 のプロパティに異なるアクセス許可を実装できます。Service providers can implement different permissions on individual properties by setting property restrictions. プロパティ シートの既定のモードは、読み取り/書き込みです。The default mode for property sheets is read/write. SettingsDialogの呼び出しで、UI_READONLY フラグを設定することにより、読み取り専用のプロパティ シートを要求できます。You can request read-only property sheets by setting the UI_READONLY flag in your calls to SettingsDialog. サービス ・ プロバイダーは読み取り専用のプロパティ シートを実装することはできます。Service providers that are able to implement read-only property sheets can do so. ただし、一部のサービス プロバイダーは、既定のモードをオーバーライドできません、ためいずれかの種類のプロパティ シートを処理するために準備する必要があります。However, because some service providers cannot override the default mode, you must be prepared to handle property sheets of either type.

ユーザー インターフェイスが常にこの操作の関係を対話型のクライアントのみがSettingsDialogを呼び出す必要があります。Because a user interface is always involved in this operation, only interactive clients should call SettingsDialog.

関連項目See also

IMAPISupport::DoConfigPropsheetIMAPISupport::DoConfigPropsheet

PidTagResourceMethods の標準的なプロパティPidTagResourceMethods Canonical Property

IMAPIStatus: IMAPIPropIMAPIStatus : IMAPIProp