IMAPISupport::ModifyProfileIMAPISupport::ModifyProfile

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

永続的なプロファイルのセクションを保存するメッセージを変更します。Makes changes to a message store profile section permanent.

HRESULT ModifyProfile(
ULONG ulFlags
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[in]メッセージの種類を示すフラグのビットマスクを格納します。[in] A bitmask of flags that indicates the type of message store. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

MDB_TEMPORARYMDB_TEMPORARY

メッセージ ・ ストアでは、一時的なものと、メッセージ ストアのテーブルに追加できませんする必要があります。The message store is temporary and should not be added to the message store table. MDB_TEMPORARY を設定すると、 ModifyProfileはすぐに S_OK を返します。When MDB_TEMPORARY is set, ModifyProfile returns S_OK immediately.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

プロファイル セクションへの変更は成功しました。The changes to the profile section were successful.

備考Remarks

メッセージ ストア プロバイダーのサポート オブジェクトのIMAPISupport::ModifyProfileメソッドを実装します。The IMAPISupport::ModifyProfile method is implemented for message store provider support objects. メッセージのストア プロバイダーの呼び出しModifyProfileプロファイル情報を変更するのには MAPI メッセージを表示します。Message store providers call ModifyProfile to prompt MAPI to modify their profile information.

ModifyProfileは、インストールされているメッセージ ストア プロバイダーのリソースの一覧を呼び出し元のプロバイダーに関連付けられているプロファイルのセクションを追加します。ModifyProfile adds the profile section that is associated with the calling provider to the list of installed message store provider resources. IMAPISession::GetMsgStoresTableメソッドを介してクライアントには、メッセージ ストアのテーブルに登録して、ダイアログ ボックスの表示を開くには、メッセージ ストアが発生します。This causes the message store to be listed in the message store table, which is available to clients through the IMAPISession::GetMsgStoresTable method, and to be opened without the display of a dialog box.

MDB_TEMPORARY フラグが設定されている場合、MAPI は何し、メソッドは、すぐに S_OK を返します。If the MDB_TEMPORARY flag is set, MAPI does nothing and the method returns immediately with S_OK.

関連項目See also

IMAPISession::GetMsgStoresTableIMAPISession::GetMsgStoresTable

IMAPISupport: IUnknownIMAPISupport : IUnknown