IMAPISupport::RegisterPreprocessorIMAPISupport::RegisterPreprocessor

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

トランスポート プロバイダーのプリプロセッサ関数 ( PreprocessMessageプロトタイプに準拠する関数) を登録します。Registers a transport provider's preprocessor function (a function that conforms to the PreprocessMessage prototype).

HRESULT RegisterPreprocessor(
LPMAPIUID lpMuid,
LPSTR lpszAdrType,
LPSTR lpszDLLName,
LPSTR lpszPreprocess,
LPSTR lpszRemovePreprocessInfo,
ULONG ulFlags
);

ParametersParameters

lpMuidlpMuid

[in]プリプロセッサ関数を処理するための識別子を格納するMAPIUID構造体へのポインター。[in] A pointer to the MAPIUID structure that contains the identifier that the preprocessor function handles. _LpMuid_パラメーターは NULL にできます。The lpMuid parameter can be NULL.

lpszAdrTypelpszAdrType

[in]メッセージのアドレスの種類へのポインター、関数では、FAX、SMTP、または X500 などです。[in] A pointer to the address type for the messages the function operates on, such as FAX, SMTP, or X500. _LpszAdrType_パラメーターは NULL にできます。The lpszAdrType parameter can be NULL.

lpszDLLNamelpszDLLName

[in]プリプロセッサ関数のエントリ ポイントを含むダイナミック リンク ライブラリ (DLL) の名前へのポインター。[in] A pointer to the name of the dynamic-link library (DLL) that contains the entry point for the preprocessor function.

lpszPreprocesslpszPreprocess

[in]プリプロセッサ関数の名前へのポインター。[in] A pointer to the name of the preprocessor function. _LpszPreprocess_パラメーターは NULL にできます。The lpszPreprocess parameter can be NULL.

lpszRemovePreprocessInfolpszRemovePreprocessInfo

[in]プリプロセッサの情報 ( RemovePreprocessInfoのプロトタイプに準拠する関数) を削除する関数の名前へのポインター。[in] A pointer to the name of the function that removes preprocessor information (a function that conforms to the RemovePreprocessInfo prototype). _LpszRemovePreprocessInfo_パラメーターは NULL にできます。The lpszRemovePreprocessInfo parameter can be NULL.

ulFlagsulFlags

予約されています。0 にする必要があります。Reserved; must be zero.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

プリプロセッサ関数が正常に登録されました。The preprocessor function was successfully registered.

備考Remarks

だけに、トランスポート プロバイダーのサポート オブジェクトのIMAPISupport::RegisterPreprocessorメソッドを実装します。The IMAPISupport::RegisterPreprocessor method is implemented for transport provider support objects only. トランスポート プロバイダーは、プリプロセッサ関数 ( PreprocessMessageプロトタイプに準拠する関数) を登録するのにはRegisterPreprocessorを呼び出します。Transport providers call RegisterPreprocessor to register a preprocessor function (a function that conforms to the PreprocessMessage prototype). MAPI スプーラーを呼び出すことができますには、プリプロセッサ関数を登録する必要があります。A preprocessor function must be registered before the MAPI spooler can call it.

LpszPreprocesslpszRemovePreprocessInfo、および_lpszDLLName_パラメーター、Win32 のGetProcAddress関数をプリプロセッサの DLL への呼び出しと組み合わせて使用できる文字列を参照する必要があります。正しく呼び出されるエントリ ポイントです。The lpszPreprocess, lpszRemovePreprocessInfo, and lpszDLLName parameters should all point to strings that can be used in conjunction with calls to the Win32 GetProcAddress function, allowing the preprocessor's DLL entry point to be called correctly.

呼び出し側への注意Notes to callers

プリプロセッサの呼び出しでは、トランスポート プロバイダーの順序に固有です。Calls to preprocessors are specific to transport provider order. これは、する場合は、プロバイダーの前に別のトランスポート プロバイダーは、メッセージを処理することが、プリプロセッサ関数は呼び出されませんそのメッセージを意味します。This means that if another transport provider ahead of your provider is able to handle a message, your preprocessor function will not be called for that message. プリプロセッサ関数は、処理するメッセージに対してのみ呼び出されます。Your preprocessor function will be called only for messages that you will handle.

MAPIUID構造体、またはアドレスの種類に格納されているか、特定 id を処理するためのプリプロセッサ関数を記述できます。You can write preprocessor functions to handle either a specific identifier stored in a MAPIUID structure or a type of address. _LpMuid_パラメーターおよび_lpszAdrType_パラメーターのアドレスの種類で、両方のMAPIUID構造体を指定すると、 MAPIUIDまたはアドレスの種類のいずれかに一致するメッセージの受信者に対して、関数が呼び出されます。If you specify both a MAPIUID structure in the lpMuid parameter and an address type in the lpszAdrType parameter, your function will be called for message recipients that match either the MAPIUID or the address type. _LpMuid_は、NULL、 _lpszAdrType_は、NULL 以外の場合は、 _lpszAdrType_で指定された型に一致するアドレスを持つ受信者にのみ、関数が呼び出されます。If lpMuid is NULL and lpszAdrType is non-NULL, your function will be called only for recipients that have an address that matches the type pointed to by lpszAdrType. _LpMuid_は、NULL ではないし、 _lpszAdrType_が NULL の場合、受信者のアドレスの種類に関係なくMAPIUIDに一致するため、関数が呼び出されます。If lpMuid is non-NULL and lpszAdrType is NULL, your function will be called for recipients that match MAPIUID, regardless of their address type. 両方が NULL である場合、メッセージのすべての受信者に対して、関数が呼び出されます。If both are NULL, your function is called for all recipients of the message.

関連項目See also

MAPIUIDMAPIUID

PreprocessMessagePreprocessMessage

RemovePreprocessInfoRemovePreprocessInfo

IMAPISupport: IUnknownIMAPISupport : IUnknown