IMAPITable::GetLastErrorIMAPITable::GetLastError

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

テーブルの前のエラーに関する情報を含むMAPIERROR構造体を返します。Returns a MAPIERROR structure containing information about the previous error on the table.

HRESULT GetLastError(
HRESULT hResult,
ULONG ulFlags,
LPMAPIERROR FAR * lppMAPIError
);

ParametersParameters

hResulthResult

[in]HRESULT がメソッドの以前の呼び出しで生成されたエラーが含まれています。[in] HRESULT containing the error generated in the previous method call.

ulFlagsulFlags

[in]関数が返す文字列の種類を制御するフラグのビットマスクです。[in] Bitmask of flags that controls the type of the returned strings. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

MAPI_UNICODEMAPI_UNICODE

_LppMAPIError_パラメーターに返されたMAPIERROR構造体の文字列は、Unicode 形式では。The strings in the MAPIERROR structure returned in the lppMAPIError parameter are in Unicode format. MAPI_UNICODE フラグが設定されていない場合は、ANSI 形式の文字列です。If the MAPI_UNICODE flag is not set, the strings are in ANSI format.

lppMAPIErrorlppMAPIError

[out]エラーのバージョン、コンポーネント、およびコンテキストの情報が含まれている返されたMAPIERROR構造体へのポインターへのポインター。[out] Pointer to a pointer to the returned MAPIERROR structure containing version, component, and context information for the error. 適切な情報を含むMAPIERROR構造体を提供できない場合、 _lppMAPIError_パラメーターを NULL に設定できます。The lppMAPIError parameter can be set to NULL if a MAPIERROR structure with appropriate information cannot be provided.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_BAD_CHARWIDTHMAPI_E_BAD_CHARWIDTH

か、MAPI_UNICODE フラグが設定された実装は Unicode をサポートしていないまたは MAPI_UNICODE が設定されていませんでしたし、実装には、Unicode のみサポートしています。Either the MAPI_UNICODE flag was set and the implementation does not support Unicode, or MAPI_UNICODE was not set and the implementation only supports Unicode.

備考Remarks

IMAPITable::GetLastErrorメソッドは、可能な場合、失敗したメソッド呼び出しに関する詳細についてを返します。The IMAPITable::GetLastError method returns detailed information, if available, about a prior method call that failed. メッセージまたはダイアログ ボックスでは、この情報を表示できます。This information can be displayed in a message or a dialog box.

呼び出し側への注意Notes to callers

エラーに関する情報をユーザーに表示する必要があるときに、 GetLastErrorを呼び出します。Call GetLastError whenever you need to display information about an error to the user.

MAPIERRORの使用を行うことができます構造が、 _lppMAPIError_パラメーターが指す場合は、table オブジェクトでは 1 つが提供されるGetLastErrorが S_OK を返す場合にのみです。You can make use of the MAPIERROR structure pointed to by the lppMAPIError parameter if the table object supplies one only if GetLastError returns S_OK. テーブルの実装では、どのような最後のエラーまたはエラーの報告には関係ありませんを決定できません。Sometimes the table implementation cannot determine what the last error was or has nothing more to report about the error. このような場合は、 _lppMAPIError_でポインターは NULL に設定します。In this situation, the pointer at lppMAPIError is set to NULL.

MAPIERROR構造体に割り当てられたすべてのメモリを解放するには、 MAPIFreeBuffer関数を呼び出します。To release all the memory allocated for the MAPIERROR structure, call the MAPIFreeBuffer function.

GetLastErrorメソッドの詳細については、 MAPI の拡張エラーを参照してください。For more information about the GetLastError method, see MAPI Extended Errors.

関連項目See also

MAPIERRORMAPIERROR

MAPIFreeBufferMAPIFreeBuffer

IMAPITable: IUnknownIMAPITable : IUnknown