IMessage::CreateAttachIMessage::CreateAttach

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

新しい添付ファイルを作成します。Creates a new attachment.

HRESULT CreateAttach(
LPCIID lpInterface,
ULONG ulFlags,
ULONG FAR * lpulAttachmentNum,
LPATTACH FAR * lppAttach
);

ParametersParameters

lpInterfacelpInterface

[in]メッセージへのアクセスに使用するインターフェイスを表すインターフェイス識別子 (IID) へのポインター。[in] Pointer to the interface identifier (IID) representing the interface to be used to access the message. パラメーターに NULL が返されるメッセージの標準的なインタ フェース、またはIMessage、発生します。Passing NULL results in the message's standard interface, or IMessage, being returned.

ulFlagsulFlags

[in]添付ファイルを作成する方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] Bitmask of flags that controls how the attachment is created. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

MAPI_DEFERRED_ERRORSMAPI_DEFERRED_ERRORS

正常に戻す、可能性のある添付ファイルが呼び出し側のクライアントに完全にアクセスする前にCreateAttachを使用できます。Allows CreateAttach to return successfully, possibly before the attachment is fully accessible to the calling client. 添付ファイルがアクセスできない場合は、エラーにつながるに後続の呼び出しを行います。If the attachment is not accessible, making a subsequent call to it can result in an error.

lpulAttachmentNumlpulAttachmentNum

[out]新しく作成された添付ファイルを識別するインデックス番号へのポインター。[out] Pointer to an index number identifying the newly created attachment. この番号は、メッセージ、添付ファイルのPR_ATTACH_NUM (PidTagAttachNumber) のプロパティの基礎となる場合にのみ有効です。This number is valid only when the message is open and is the basis for the attachment's PR_ATTACH_NUM (PidTagAttachNumber) property.

lppAttachlppAttach

[out]添付ファイルを開くオブジェクトへのポインターへのポインター。[out] Pointer to a pointer to the open attachment object.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

添付ファイルが正常に作成されました。The attachment was successfully created.

備考Remarks

IMessage::CreateAttachメソッドでは、メッセージに新しい添付ファイルを作成します。The IMessage::CreateAttach method creates a new attachment on a message. 新しい添付ファイルと、それに設定されている任意のプロパティは利用可能な添付ファイルのIMAPIProp::SaveChangesメソッドとメッセージのIMAPIProp::SaveChangesメソッドの両方にクライアントが呼び出されるまで。The new attachment and any properties that are set for it, are not available until a client has called both the attachment's IMAPIProp::SaveChanges method and the message's IMAPIProp::SaveChanges method.

_LpulAttachmentNum_で指定された添付ファイル数は、一意であり、メッセージのコンテキスト内でのみ有効です。The attachment number pointed to by lpulAttachmentNum is unique and valid only within the context of the message. 2 種類のメッセージで 2 つの添付ファイルは同じメッセージに添付ファイルを 2 つ、同じ番号を持つことができます。That is, two attachments in two different messages can have the same number while two attachments in the same message cannot.

関連項目See also

IMessage: IMAPIPropIMessage : IMAPIProp