アドレス帳プロバイダーのエントリ ポイント関数を実装します。Implementing an Address Book Provider Entry Point Function

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

プロバイダーとその他のすべてのプロファイルの一部である場合、クライアント アプリケーションの呼び出しMAPILogonExアドレス帳プロバイダーが含まれているプロファイルを使用してセッションを開始するのには、MAPI を読み込みます。When a client application calls MAPILogonEx to begin a session using a profile that contains your address book provider, MAPI loads your provider and all others that are part of the profile. MAPI は、プロファイルを参照して、プロバイダーのエントリ ポイント関数の名前を学習します。MAPI learns of the name of your provider's entry point function by looking in the profile. この関数ではありません、DLL エントリ ポイント関数と同じです。DllMainの Win32 のドキュメントでのドキュメントを参照してください。Remember that this function is not the same as a DLL entry point function; see the documentation for DllMain in the Win32 documentation.

いくつかのエントリ、mapisvc.inf の構成ファイルにする必要があります、すべてのアドレス帳プロバイダーのプロファイルに含まれているがあります。There are several entries, some of which must appear in the mapisvc.inf configuration file, that are included in the profile section of every address book provider. 次の表は、これらのプロファイル] セクションのエントリと、mapisvc.inf ファイルが含める必要があるかどうかを一覧します。The following table lists these profile section entries and whether or not the mapisvc.inf file must include them.

プロファイル セクションのエントリProfile section entry mapisvc.inf の要件mapisvc.inf requirement
PR_DISPLAY_NAME =文字列PR_DISPLAY_NAME= string
省略可能Optional
PR_PROVIDER_DISPLAY =文字列PR_PROVIDER_DISPLAY= string
必須Required
PR_PROVIDER_DLL_NAME = DLL のファイル名PR_PROVIDER_DLL_NAME= DLL filename
必須Required
PR_RESOURCE_TYPE =PR_RESOURCE_TYPE= long
必須Required
PR_RESOURCE_FLAGS =ビットマスクPR_RESOURCE_FLAGS= bitmask
省略可能Optional

プロファイル セクションのIMAPIProp::SetPropsメソッドを呼び出すことによって直接または間接的に MAPISVC.INF を変更することによって、アドレス帳プロバイダーはプロファイルには、この情報を配置できます。Your address book provider can place this information into a profile directly by calling its profile section's IMAPIProp::SetProps method or indirectly by modifying MAPISVC.INF. プロファイルは、MAPISVC に関連する情報を使用して構築されます。選択したサービス プロバイダーまたはサービスのメッセージの INF です。Profiles are built using the relevant information in MAPISVC.INF for the selected service providers or message services. 詳細については、組織と MAPISVC の内容です。INF、 MapiSvc.inf のファイル形式を参照してください。For more information about the organization and contents of MAPISVC.INF, see File Format of MapiSvc.inf.

アドレス帳プロバイダーの DLL のエントリ ポイント関数の名前はABProviderInitである必要があり、 ABProviderInitのプロトタイプにそれに従う必要があります。The name of your address book provider's DLL entry point function must be ABProviderInit and it must conform to the ABProviderInit prototype. プロバイダーの DLL のエントリ ポイント関数では、次のタスクを実行します。Perform the following tasks in your provider's DLL entry point function:

  • サービス プロバイダー インターフェイス (SPI) が MAPI を使用して、アドレス帳プロバイダーを使用しているバージョンと互換性のあるバージョンかどうかを確認するのにはのバージョンを確認してください。Check the version of the service provider interface (SPI) to make sure MAPI is using a version that is compatible with the version that your address book provider is using.

  • アドレス帳プロバイダー オブジェクトのインスタンスを作成します。Instantiate an address book provider object.

生じますか、 MAPIUninitializeをこの関数に呼び出さないでください。Do not call either MAPIInitialize or MAPIUninitialize in this function.

DLL エントリ ポイント関数では、プロバイダー オブジェクトをインスタンス化し、MAPI にそのオブジェクトへのポインターを返します。The DLL entry point function instantiates a provider object and returns to MAPI a pointer to that object.