IMsgServiceAdmin::CreateMsgServiceIMsgServiceAdmin::CreateMsgService

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

使用されなくなりました。 IMsgServiceAdmin2::CreateMsgServiceExの使用をお勧めします。Deprecated: The use of IMsgServiceAdmin2::CreateMsgServiceEx is recommended. メッセージ サービスは、現在のプロファイルに追加します。Adds a message service to the current profile.

HRESULT CreateMsgService(
  LPSTR lpszService,
  LPSTR lpszDisplayName,
  ULONG_PTR ulUIParam,
  ULONG ulFlags    
);

ParametersParameters

lpszServicelpszService

[in]追加するのにはメッセージ サービスの名前へのポインター。[in] A pointer to the name of the message service to add. MapiSvc.inf ファイルの [サービス] セクションで、このメッセージのサービス名があります。This message service name must appear in the [Services] section of the MapiSvc.inf file.

lpszDisplayNamelpszDisplayName

[in]追加するのにはメッセージ サービスの表示名へのポインター。[in] A pointer to the display name of the message service to add. メッセージ サービスが、MapiSvc.inf ファイルのPR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) のプロパティを設定されている場合、 _lpszDisplayName_パラメーターは無視されます。The lpszDisplayName parameter is ignored if the message service has set the PR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) property in the MapiSvc.inf file.

ulUIParamulUIParam

[in]ダイアログ ボックスまたはウィンドウの親ウィンドウへのハンドルを表示します。[in] A handle to the parent window of any dialog boxes or windows this method displays.

ulFlagsulFlags

[in]メッセージ サービスをインストールする方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls how the message service is installed. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

MAPI_UNICODEMAPI_UNICODE

LpszService および lpszDisplayName パラメーターを LPWSTR にキャストし、Unicode 文字列として解釈する必要があります。The lpszService and the lpszDisplayName parameters should be cast to LPWSTR and interpreted as Unicode strings.

SERVICE_NO_RESTART_WARNINGSERVICE_NO_RESTART_WARNING

新しいメッセージ サービスをプロファイルに追加するときに多くの場合さまざまな状況や条件に基づき、MAPI サブシステムがアクションには、Outlook の再起動が必要ですを決定します。When adding a new message service to the profile, the MAPI subsystem, based on various circumstances and criteria, often determines that this action requires a restart of Outlook. SERVICE_NO_RESTART_WARNING フラグが含まれていない UI を使用すると-- SERVICE_UI_ALWAYS と SERVICE_UI_ALLOWED のフラグに基づくし、少なくとも 1 つのプロセスは、現在のプロファイルにログオンしている、この関数、メッセージが表示"する必要があります Outlook を再起動これらの変更を有効にする。」If the SERVICE_NO_RESTART_WARNING flag is not included and UI is allowed - based on the SERVICE_UI_ALWAYS and SERVICE_UI_ALLOWED flags - and at least one process is logged onto the current profile, this function displays the message "You must restart Outlook for these changes to take effect." SERVICE_NO_RESTART_WARNING フラグを含む、警告メッセージの表示を抑制します。Including the SERVICE_NO_RESTART_WARNING flag suppresses the display of that warning message.

SERVICE_UI_ALLOWEDSERVICE_UI_ALLOWED

メッセージ サービスの構成が必要な場合、UI は許可されています。The message service configuration UI is allowed if needed.

SERVICE_UI_ALWAYSSERVICE_UI_ALWAYS

メッセージ サービスでは、[設定] プロパティ シートが表示されます。The message service displays its configuration property sheet.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_NOT_FOUNDMAPI_E_NOT_FOUND

メッセージ サービス名は、MapiSvc.inf の [サービス] セクションではありません。The message service name is not in the [Services] section of MapiSvc.inf.

備考Remarks

IMsgServiceAdmin::CreateMsgServiceメソッドは、メッセージ サービスを現在のプロファイルに追加します。The IMsgServiceAdmin::CreateMsgService method adds a message service to the current profile. CreateMsgServiceは、サービス固有の構成タスクを実行するのには、メッセージ サービスのエントリ ポイント関数を呼び出します。CreateMsgService calls the message service's entry point function to perform any service-specific configuration tasks. _UlFlags_パラメーターに SERVICE_UI_ALLOWED フラグを設定すると、メッセージ サービスがインストールされているがその設定を構成するユーザーを有効にするプロパティ シートを表示できます。If the SERVICE_UI_ALLOWED flag is set in the ulFlags parameter, the message service being installed can display a property sheet to enable the user to configure its settings.

MapiSvc.inf ファイルには、それぞれのメッセージ サービスとプロパティを構成するプロバイダーの一覧が含まれています。The MapiSvc.inf file contains the list of providers that make up a message service and the properties for each. CreateMsgServiceは、まずメッセージ サービス用の新しいプロファイル セクションを作成し、そのサービスの情報をすべて MapiSvc.inf ファイルからにコピー、プロファイルでは、プロバイダーごとに新しいセクションを作成します。CreateMsgService first creates a new profile section for the message service and then copies all of the information for that service from the MapiSvc.inf file into the profile, creating new sections for each provider.

MapiSvc.inf からすべての情報がコピーされた後は、 _ulContext_パラメーターに設定された MSG_SERVICE_CREATE 値を持つメッセージ サービスのエントリ ポイント関数が呼び出されます。After all the information has been copied from MapiSvc.inf, the message service's entry point function is called with the MSG_SERVICE_CREATE value set in the ulContext parameter. CreateMsgServiceメソッドの_ulFlags_パラメーターに SERVICE_UI_ALLOWED フラグを設定すると、またには、 _ulUIParam_と_ulFlags_パラメーターの値は、メッセージ サービスのエントリ ポイント関数が呼び出されたときに渡されます。If the SERVICE_UI_ALLOWED flag is set in the CreateMsgService method's ulFlags parameter, the values in the ulUIParam and ulFlags parameters are also passed when the message service's entry point function is called. サービス プロバイダーは、ユーザーは、メッセージ サービスを構成することができますので、構成のプロパティ シートを表示します。Service providers should display their configuration property sheets so users can configure the message service.

呼び出し側への注意Notes to callers

CreateMsgServiceでは、プロファイルに追加されたメッセージ サービスのMAPIUID構造体が返されません。CreateMsgService does not return the MAPIUID structure for the message service that was added to the profile.

作成したメッセージ サービスのMAPIUIDを取得するには、次の手順に従います。To retrieve the MAPIUID for the created message service, use the following procedure:

  1. メッセージ サービスの管理テーブルを取得するIMsgServiceAdmin::GetMsgServiceTableメソッドを呼び出します。Call the IMsgServiceAdmin::GetMsgServiceTable method to get the message service administration table.

  2. メッセージ サービスの名前をPR_SERVICE_NAME (PidTagServiceName) のプロパティに一致するテーブルに制限を配置することでメッセージ サービスを表す行を検索します。Locate the row that represents the message service by placing a restriction on the table that matches the PR_SERVICE_NAME (PidTagServiceName) property with the name of the message service.

  3. サービスのPR_SERVICE_UID (PidTagServiceUid) のプロパティを取得します。Retrieve the service's PR_SERVICE_UID (PidTagServiceUid) property.

  4. PR_SERVICE_UIDプロパティの値を_lpUid_パラメーターでメソッドに渡す、 IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceサービスを構成します。Pass the value of the PR_SERVICE_UID property in the lpUid parameter to the IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService method to configure the service.

注意事項

MAPI サブシステムの Microsoft Outlook 2010 の実装は、MAPI_UNICODE をサポートしていませんし、使用されている場合は失敗します。The Microsoft Outlook 2010 implementation of the MAPI subsystem does not support MAPI_UNICODE and will fail if it is used.

重要

UlFlags SERVICE_NO_RESTART_WARNING は、現在あるダウンロード可能なヘッダー ファイルで定義されていない可能性があります、場合に追加できます、次の値を使用してコード: >#define SERVICE_NO_RESTART_WARNING 0x00000080The ulFlags SERVICE_NO_RESTART_WARNING might not be defined in the downloadable header file you currently have, in which case you can add it to your code using the following value: > #define SERVICE_NO_RESTART_WARNING 0x00000080

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
MAPIProfileFunctions.cppMAPIProfileFunctions.cpp
HrAddServiceToProfileHrAddServiceToProfile
MFCMAPI では、 IMsgServiceAdmin::CreateMsgServiceメソッドを使用して、プロファイルにサービスを追加します。MFCMAPI uses the IMsgServiceAdmin::CreateMsgService method to add a service to a profile.

関連項目See also

IMsgServiceAdmin: IUnknownIMsgServiceAdmin : IUnknown

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample