IMsgStore::CompareEntryIDsIMsgStore::CompareEntryIDs

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ ストアの同じエントリを参照しているかどうかを決定する 2 つのエントリ id を比較します。Compares two entry identifiers to determine whether they refer to the same entry in a message store. MAPI は、両方のエントリの識別子を比較するには、一意の識別子 (Uid) がそのプロバイダーによって処理される場合にのみ、サービス ・ プロバイダーへの呼び出しを渡します。MAPI passes this call to a service provider only if the unique identifiers (UIDs) in both entry identifiers to be compared are handled by that provider.

HRESULT CompareEntryIDs(
  ULONG cbEntryID1,
  LPENTRYID lpEntryID1,
  ULONG cbEntryID2,
  LPENTRYID lpEntryID2,
  ULONG ulFlags,
  ULONG FAR * lpulResult
);

ParametersParameters

cbEntryID1cbEntryID1

[in]. _LpEntryID1_パラメーターで指定されたエントリの識別子のバイト数[in] The byte count in the entry identifier pointed to by the lpEntryID1 parameter .

lpEntryID1lpEntryID1

[in]比較する最初のエントリの識別子へのポインター。[in] A pointer to the first entry identifier to be compared.

cbEntryID2cbEntryID2

[in]. _LpEntryID2_パラメーターで指定されたエントリの識別子のバイト数[in] The byte count in the entry identifier pointed to by the lpEntryID2 parameter .

lpEntryID2lpEntryID2

[in]比較する 2 番目のエントリの識別子へのポインター。[in] A pointer to the second entry identifier to be compared.

ulFlagsulFlags

[����]�\�񂳂�Ă��܂��B0 �ɂ���K�v������܂��B[in] Reserved; must be zero.

lpulResultlpulResult

[out]比較の結果へのポインター。[out] A pointer to the result of the comparison. 2 つのエントリの識別子が同じオブジェクトを参照する場合は TRUE。それ以外の場合、FALSE です。TRUE if the two entry identifiers refer to the same object; otherwise, FALSE.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

比較は正常に終了しました。The comparison was successful.

MAPI_E_UNKNOWN_ENTRYIDMAPI_E_UNKNOWN_ENTRYID

一方または両方のパラメーターを参照しないオブジェクトでは、場合によって対応するオブジェクトが開かれていないとには利用できませんので、指定されたエントリの識別子が表示されます。One or both of the entry identifiers specified as parameters do not refer to objects, possibly because the corresponding objects are unopened and unavailable at present.

備考Remarks

IMsgStore::CompareEntryIDsメソッドは、同じオブジェクトを参照しているかどうかを確認するメッセージ ・ ストアに属する 2 つのエントリ id を比較します。The IMsgStore::CompareEntryIDs method compares two entry identifiers that belong to the message store to determine whether they refer to the same object.

呼び出し側への注意Notes to callers

CompareEntryIDsは、オブジェクト (たとえば、メッセージ ストア プロバイダーの新しいバージョンをインストールした後) の 2 つ以上の有効なエントリ id を持つことができますので便利です。CompareEntryIDs is useful because an object can have more than one valid entry identifier (for example, after a new version of a message store provider is installed).

CompareEntryIDsがエラーを返した場合は、比較の結果に基づいてアクションになりません。If CompareEntryIDs returns an error, do not take any action based on the result of the comparison. 代わりにかかる可能性のある最も保守的なアプローチをします。Instead, take the most conservative approach possible. CompareEntryIDsは、一方または両方のエントリの識別子で、無効なMAPIUIDが含まれているなどの場合に失敗する可能性があります。CompareEntryIDs might fail if, for example, one or both of the entry identifiers contains an invalid MAPIUID.

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
BaseDialog.cppBaseDialog.cpp
CBaseDialog::OnCompareEntryIDsCBaseDialog::OnCompareEntryIDs
MFCMAPI では、 IMsgStore::CompareEntryIDsメソッドを使用して、エントリ Id を比較します。MFCMAPI uses the IMsgStore::CompareEntryIDs method to compare entry IDs.

関連項目See also

MAPIUIDMAPIUID

IMsgStore: IMAPIPropIMsgStore : IMAPIProp

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample