IMSLogon::UnadviseIMSLogon::Unadvise

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

IMSLogon::Adviseメソッドへの呼び出しを使用して、以前に確立されたメッセージ ストアの変更を通知するためのオブジェクトの登録を削除します。Removes an object's registration for notification of message store changes previously established by using a call to the IMSLogon::Advise method.

HRESULT Unadvise(
  ULONG ulConnection
);

ParametersParameters

ulConnectionulConnection

[in]IMSLogon::Adviseへの呼び出しによって返された登録接続の数です。[in] The number of the registration connection returned by a call to IMSLogon::Advise.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

����Remarks

メッセージ ストア プロバイダーの実装IMSLogon::Advise、それによって通知をキャンセルするのには、以前の呼び出しで_lpAdviseSink_パラメーターで渡されたアドバイズ シンク オブジェクトへのポインターを解放するIMSLogon::Unadviseメソッド登録します。Message store providers implement the IMSLogon::Unadvise method to release the pointer to the advise sink object passed in the lpAdviseSink parameter in the previous call to IMSLogon::Advise, thereby canceling a notification registration. アドバイズ シンク オブジェクトへのポインターを破棄することの一環として、オブジェクト呼び出されます。As part of discarding the pointer to the advise sink object, the object's IUnknown::Release method is called. 一般に、リリースと呼ばれるUnadviseの呼び出し中にします。Generally, Release is called during the Unadvise call. ただし、別のスレッドがアドバイズ シンク オブジェクトのIMAPIAdviseSink::OnNotifyメソッドを呼び出すことであるにある場合は、リリースの呼び出しが遅延OnNotifyメソッドが戻るまで。However, if another thread is in the process of calling the IMAPIAdviseSink::OnNotify method for the advise sink object, the Release call is delayed until the OnNotify method returns.

関連項目See also

IMAPIAdviseSink::OnNotifyIMAPIAdviseSink::OnNotify

IMSLogon::AdviseIMSLogon::Advise

IMSLogon: IUnknownIMSLogon : IUnknown