IProviderAdmin::GetProviderTableIProviderAdmin::GetProviderTable

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスのプロバイダーのテーブル、メッセージ サービスのサービス プロバイダーの一覧へのアクセスを提供します。Provides access to the message service's provider table, a list of the service providers in the message service.

HRESULT GetProviderTable(
  ULONG ulFlags,
  LPMAPITABLE FAR * lppTable
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[in]プロバイダー テーブルの列で返される文字列の種類を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls the type of the strings returned in the provider table's columns. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

MAPI_UNICODEMAPI_UNICODE

Unicode 形式では、文字列型の列です。The string columns are in Unicode format. MAPI_UNICODE フラグが設定されていない場合は、ANSI 形式の列です。If the MAPI_UNICODE flag is not set, the columns are in ANSI format.

lppTablelppTable

[out]プロバイダー テーブルへのポインターへのポインター。[out] A pointer to a pointer to the provider table.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

プロバイダー テーブルは正常に返されました。The provider table was successfully returned.

備考Remarks

IProviderAdmin::GetProviderTableメソッドは、メッセージ サービスのプロバイダーのテーブル、MAPI は、メッセージ サービスでは、各サービス プロバイダーに関する情報が含まれていることを保持するテーブルへのポインターを取得します。The IProviderAdmin::GetProviderTable method retrieves a pointer to the message service's provider table, a table that MAPI maintains that contains information about each service provider in the message service.

IMsgServiceAdmin::GetProviderTableメソッドによって返されるプロバイダーのテーブルとは異なり、 IProviderAdmin::GetProviderTableによって返されるプロバイダーのテーブルがのいずれかに関連付けられている情報を表す追加の行を含めることがメッセージ サービスのサービス プロバイダーです。Unlike the provider table returned by the IMsgServiceAdmin::GetProviderTable method, the provider table returned by IProviderAdmin::GetProviderTable may include additional rows that represent information associated with one or more of the service providers in the message service. この追加情報は、Mapisvc.inf ファイルの「項目」キーワードを使用してプロファイルに追加されます。This extra information is added to the profile with the "Sections" keyword of the Mapisvc.inf file. プロバイダーに追加のプロファイル セクションが設定されているときは、 PR_SERVICE_EXTRA_UIDS (PidTagServiceExtraUids) のプロパティでこれらのセクションのMAPIUID構造体を格納します。When a provider has extra profile sections, it stores the MAPIUID structures for these sections in the PR_SERVICE_EXTRA_UIDS (PidTagServiceExtraUids) property. PR_SERVICE_EXTRA_UIDSは、サービス プロファイルの [メッセージ] セクションに保存されます。PR_SERVICE_EXTRA_UIDS is saved in the message service profile section.

削除されている、または使用中だが、削除対象としてマークされているプロバイダーは、プロバイダーの表には含まれません。Providers that have been deleted, or are in use but have been marked for deletion, are not included in the provider table. プロバイダー テーブルにそれ以降に追加された機能またはメッセージ サービスからの削除が表に反映されていないことを意味します。Provider tables are static, meaning that subsequent additions to or deletions from the message service are not reflected in the table.

メッセージ サービスには、プロバイダーがなければ、 IProviderAdmin::GetProviderTableは、0 個の行と S_OK の戻り値を持つテーブルを返します。If the message service has no providers, IProviderAdmin::GetProviderTable returns a table with zero rows and the S_OK return value.

_UlFlags_パラメーターに MAPI_UNICODE フラグを設定する、 IMAPITable::QueryColumnsメソッドとIMAPITable::QueryRowsメソッドから返される列の形式に影響します。Setting the MAPI_UNICODE flag in the ulFlags parameter affects the format of the columns returned from the IMAPITable::QueryColumns and IMAPITable::QueryRows methods.

このフラグは、 IMAPITable::QuerySortOrderメソッドによって返される並べ替え順序のプロパティの種類も制御します。This flag also controls the property types in the sort order returned by the IMAPITable::QuerySortOrder method.

プロバイダー テーブル内の列の一覧は、プロバイダーのテーブルを参照してください。For a complete list of the columns in the provider table, see Provider Table.

呼び出し側への注意Notes to callers

トランスポートの順番でプロバイダーのテーブルの行を取得するには、 PR_PROVIDER_ORDINAL (PidTagProviderOrdinal) の列でテーブルをソートします。To retrieve the rows of a provider table in transport order, sort the table by the PR_PROVIDER_ORDINAL (PidTagProviderOrdinal) column.

(せず、余分な行を含む) のサービス ・ プロバイダーを表す行のみを取得するには、PT_ERROR のPR_RESOURCE_TYPE (PidTagResourceType)] 列の値を持つ行が取得されるを制限します。To retrieve only those rows that represent service providers (without including any extra rows), limit your retrieval to the rows that have a value of PT_ERROR in their PR_RESOURCE_TYPE (PidTagResourceType) column.

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
MsgServiceTableDlg.cppMsgServiceTableDlg.cpp
CMsgServiceTableDlg::OnDisplayItemCMsgServiceTableDlg::OnDisplayItem
MFCMAPI では、 IProviderAdmin::GetProviderTableメソッドを使用して、新しいダイアログ ボックスに表示するプロバイダーのテーブルを取得します。MFCMAPI uses the IProviderAdmin::GetProviderTable method to get the table of providers to render in a new dialog box.

関連項目See also

IMAPITable::QueryColumnsIMAPITable::QueryColumns

IMAPITable::QueryRowsIMAPITable::QueryRows

IMAPITable::QuerySortOrderIMAPITable::QuerySortOrder

IMAPITable::SetColumnsIMAPITable::SetColumns

IMsgServiceAdmin::GetProviderTableIMsgServiceAdmin::GetProviderTable

IProviderAdmin: IUnknownIProviderAdmin : IUnknown

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample