IProviderAdmin : IUnknownIProviderAdmin : IUnknown

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

メッセージサービスのサービスプロバイダーと連携します。Works with service providers in a message service.

ヘッダー ファイル:Header file:
mapidefs.hMapidefs.h
公開者:Exposed by:
プロバイダー管理オブジェクトProvider administration objects
実装元:Implemented by:
MAPIMAPI
呼び出し元:Called by:
クライアントアプリケーションとサービスプロバイダーClient applications and service providers
インターフェイス識別子:Interface identifier:
IID_IProviderAdminIID_IProviderAdmin
ポインターの種類:Pointer type:
lpprovideradminLPPROVIDERADMIN

v の順序Vtable order

GetLastErrorGetLastError
プロバイダー管理オブジェクトに発生した前のエラーについての情報を含むMAPIERROR構造体を返します。Returns a MAPIERROR structure that contains information about the previous error that occurred to the provider administration object.
getprovidertableGetProviderTable
メッセージサービスのプロバイダーテーブルへのアクセスを提供します。これには、メッセージサービスのサービスプロバイダーの一覧が含まれます。Provides access to the message service's provider table, a list of the service providers in the message service.
createproviderCreateProvider
メッセージサービスにサービスプロバイダーを追加します。Adds a service provider to the message service.
deleteproviderDeleteProvider
メッセージサービスからサービスプロバイダーを削除します。Deletes a service provider from the message service.
openプロファイル 'OpenProfileSection
現在のプロファイルからプロファイルセクションを開き、さらにアクセスできるようにIProfSectポインターを返します。Opens a profile section from the current profile and returns an IProfSect pointer for further access.

注釈Remarks

クライアントは、 IMsgServiceAdmin:: adminprovidersメソッドを呼び出して、 IProviderAdminインターフェイスへのポインターを取得できます。サービスプロバイダーのメッセージサービスのエントリポイント関数が呼び出されると、 IProviderAdminポインターが渡されます。Clients can get a pointer to an IProviderAdmin interface by calling the IMsgServiceAdmin::AdminProviders method; service providers are passed an IProviderAdmin pointer when their message service's entry point function is called.

関連項目See also

MAPI のインターフェイスMAPI Interfaces