ITableData::HrGetViewITableData::HrGetView

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

IMAPITable実装へのポインターを返す表形式ビューを作成します。Creates a table view, returning a pointer to an IMAPITable implementation.

HRESULT HrGetView(
  LPSSortOrderSet lpSSortOrderSet,
  CALLERRELEASE FAR * lpfCallerRelease,
  ULONG_PTR ulCallerData,
  LPMAPITABLE FAR * lppMAPITable
);

ParametersParameters

lpSSortOrderSetlpSSortOrderSet

[in]テーブル ビューの並べ替え順序を記述する並べ替え順序の構造体へのポインター。[in] A pointer to a sort order structure that describes the sort order for the table view. _LpSSortOrderSet_パラメーターに NULL を渡した場合、ビューは並べ替えられません。If NULL is passed in the lpSSortOrderSet parameter, the view is not sorted.

lpfCallerReleaselpfCallerRelease

[in]MAPI がビューを解放するときに呼び出すCALLERRELEASEプロトタイプに基づいてコールバック関数へのポインター。[in] A pointer to a callback function based on the CALLERRELEASE prototype that MAPI calls when it releases the view. _LpfCallerRelease_パラメーターに NULL を渡した場合、ビューのリリースで関数は呼び出されません。If NULL is passed in the lpfCallerRelease parameter, no function is called on release of the view.

ulCallerDataulCallerData

[in]_LpfCallerRelease_が指すデータを新しいビューを保存し、コールバック関数に渡される必要があります。[in] The data that must be saved with the new view and passed to the callback function pointed to by lpfCallerRelease.

lppMAPITablelppMAPITable

[out]新しく作成されたビューへのポインターへのポインター。[out] A pointer to a pointer to the newly created view.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

ビューは正しく作成されました。The view was successfully created.

備考Remarks

ITableData::HrGetViewメソッドは、 _lpSSortOrderSet_パラメーターで指定された順序で並べ替え、テーブルのデータの読み取り専用ビューを作成します。The ITableData::HrGetView method creates a read-only view of the data in the table, sorted in the order pointed to by the lpSSortOrderSet parameter. カーソルは、ビューの最初の行の先頭に配置されます。The cursor is placed at the beginning of the first row in the view. ビューにアクセスするためIMAPITableインターフェイスの実装が返されます。An IMAPITable interface implementation for accessing the view is returned.

サービス プロバイダーは、テーブルにクライアントのアクセスを提供する必要があるときにHrGetViewを呼び出します。Service providers call HrGetView when they need to give a client access to a table. HrGetViewでは、ビューを作成し、 IMAPITableポインターを返します。HrGetView creates the view and returns the IMAPITable pointer. サービス プロバイダーは、クライアントへのポインターを渡します。Service providers in turn pass the pointer on to the client. クライアントでは、テーブルを使用した後し、そのリ スのメソッドを呼び出して、 HrGetViewは、 _lpfCallerRelease_パラメーターで指定されたコールバック関数を呼び出します。When the client is finished using the table and calls its IUnknown::Release method, HrGetView calls the callback function pointed to by the lpfCallerRelease parameter.

サービス プロバイダーは、設定、カスタマイズされた列を持つビューをクライアントに返す必要があるか、制限、プロバイダー メソッドを呼び出して、ビューのIMAPITable::SetColumnsIMAPITable::Restrictのクライアント アクセスを許可する前にします。If a service provider needs to return to a client a view that has a customized column set or a restriction, the provider can call the view's IMAPITable::SetColumns and IMAPITable::Restrict methods before allowing the client access.

関連項目See also

CALLERRELEASECALLERRELEASE

IMAPITable: IUnknownIMAPITable : IUnknown

SSortOrderSetSSortOrderSet

ITableData: IUnknownITableData : IUnknown