ITnef::OpenTaggedBodyITnef::OpenTaggedBody

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

カプセル化されたメッセージのテキストのストリームのインタ フェースを開きます。Opens a stream interface on the text of an encapsulated message.

HRESULT OpenTaggedBody(
  LPMESSAGE lpMessage,
  ULONG ulFlags,
  LPSTREAM FAR * lppStream
);

ParametersParameters

lpMessagelpMessage

[in]ストリームが関連付けられているメッセージへのポインター。[in] A pointer to the message with which the stream is associated. このメッセージは、 OpenTnefStreamまたはOpenTnefStreamEx関数の呼び出しで渡されるのと同じメッセージである必要はありません。This message is not required to be the same message that is passed in the call to the OpenTnefStream or OpenTnefStreamEx function.

ulFlagsulFlags

[in]ストリーム インターフェイスを開く方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls how the stream interface is opened. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

タグMAPI_CREATE

現在のメッセージのプロパティがない場合は作成する必要があります。If a property does not exist in the current message, it should be created. プロパティが存在する場合、トランスポート ニュートラル カプセル化形式 (TNEF) ストリームからデータをプロパティの現在のデータを交換する必要があります。If the property does exist, the current data in the property should be replaced with the data from the Transport-Neutral Encapsulation Format (TNEF) stream. 実装では、タグのフラグを設定するとき、にも MAPI_MODIFY フラグを設定する必要があります。When an implementation sets the MAPI_CREATE flag, it should also set the MAPI_MODIFY flag.

MAPI_MODIFYMAPI_MODIFY

要求の読み取り/書き込みのアクセス許可Requests read/write permission. デフォルトのインタ フェースは、読み取り専用です。The default interface is read-only. タグを設定するたびに、MAPI_MODIFY を設定する必要があります。MAPI_MODIFY must be set whenever MAPI_CREATE is set.

lppStreamlppStream

out であるPR_BODYプロパティを渡すには、からのテキストを含んでいるストリーム オブジェクトへのポインターへのポインターがメッセージをカプセル化し、 IStreamインターフェイスをサポートします。[out] A pointer to a pointer to a stream object that contains the text from the PR_BODY (PidTagBody) property of the passed-in encapsulated message and that supports the IStream interface.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

呼び出しが成功し、予期される値または値が返されます。The call succeeded and returned the expected value or values.

備考Remarks

トランスポート プロバイダー、メッセージ ストア プロバイダー、およびゲートウェイがカプセル化されたメッセージのテキストのストリーム インターフェイスを開くにITnef::OpenTaggedBodyメソッドを呼び出します (つまり、TNEF のオブジェクト)。Transport providers, message store providers, and gateways call the ITnef::OpenTaggedBody method to open a stream interface on the text of an encapsulated message (that is, on a TNEF object).

処理の一環として、 OpenTaggedBodyは挿入するか、またはメッセージのテキスト内のすべての添付ファイルまたは OLE オブジェクトの位置を示すタグを添付ファイルを解析し。As part of its processing, OpenTaggedBody either inserts or parses attachment tags that indicate the position of any attachments or OLE objects in the message text. 添付ファイルのタグは、次の形式では。The attachment tags are in the following format:

[ :: の_添付ファイル名_ n コンテナー名の添付ファイル ][[ attachment name : n in attachment container name ]]

_添付ファイル名_が添付ファイルのオブジェクトを説明します。 _n_は、 OpenTnefStreamまたはOpenTnefStreamEx関数の_lpKey_パラメーターに渡された値からインクリメントするシーケンスの一部である添付ファイルを識別する番号_コンテナー名の添付ファイル_が添付ファイルのオブジェクトが存在する物理コンポーネントを説明しています。attachment name describes the attachment object; n is a number that identifies the attachment that is part of a sequence, incrementing from the value passed in the lpKey parameter of the OpenTnefStream or OpenTnefStreamEx function; and attachment container name describes the physical component where the attachment object resides.

OpenTaggedBodyメッセージのテキストを読み込んで、attachment オブジェクトは、テキストで表示されていた元の場所に、添付ファイルのタグを挿入します。OpenTaggedBody reads out message text and inserts an attachment tag wherever an attachment object originally appeared in the text. 元のメッセージ テキストは変更されません。The original message text is not changed.

タグを持つメッセージは、ストリームとタグを削除した添付ファイルのオブジェクトは、ストリーム内のタグの位置に再配置されます。When a message that has tags is passed to a stream, the tags are stripped out and the attachment objects are relocated in the position of the tags in the stream.

関連項目See also

OpenTnefStreamOpenTnefStream

OpenTnefStreamExOpenTnefStreamEx

PidTagBody の標準的なプロパティPidTagBody Canonical Property

ITnef: IUnknownITnef : IUnknown