ITnef::SetPropsITnef::SetProps

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

元のメッセージまたは添付ファイルを変更することがなくカプセル化されたメッセージまたは添付ファイルの 1 つまたは複数のプロパティの値を設定します。Sets the value of one or more properties for an encapsulated message or attachment without modifying the original message or attachment.

HRESULT SetProps(
  ULONG ulFlags,
  ULONG ulElemID,
  ULONG cValues,
  LPSPropValue lpProps
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[in]プロパティの値を設定する方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls how property values are set. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

TNEF_PROP_CONTAINEDTNEF_PROP_CONTAINED

メッセージまたは添付ファイルの_ulElemID_パラメーターで指定されたプロパティのみをエンコードします。Encodes only properties from the message or attachment specified by the ulElemID parameter.

ulElemIDulElemID

[in]添付ファイルのPR_ATTACH_NUM (PidTagAttachNumber) プロパティは、一意にその数値が含まれていますが、親メッセージの添付ファイルを識別します。[in] An attachment's PR_ATTACH_NUM (PidTagAttachNumber) property, which contains a number that uniquely identifies the attachment in its parent message.

あうcValues

[in]_LpProps_パラメーターが指すSPropValue構造体のプロパティ値の数です。[in] The number of property values in the SPropValue structure pointed to by the lpProps parameter.

lpPropslpProps

[in]設定するプロパティのプロパティ値を含むSPropValue構造体へのポインター。[in] A pointer to an SPropValue structure that contains the property values of the properties to set.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

呼び出しが成功し、予期される値または値が返されます。The call succeeded and returned the expected value or values.

備考Remarks

プロバイダー、転送メッセージ ストア プロバイダーでは、プロパティを設定するのにはゲートウェイの呼び出し、 ITnef::SetPropsメソッドに含める元のメッセージまたは添付ファイルを変更することがなく、メッセージまたは添付ファイルをカプセル化します。Transport providers, message store providers, and gateways call the ITnef::SetProps method to set properties to include in the encapsulation of a message or an attachment without modifying the original message or attachment. この呼び出しで設定されたプロパティは、カプセル化されたメッセージ内の既存のプロパティをオーバーライドします。Any properties set with this call override existing properties in the encapsulated message.

SetPropsOpenTnefStreamまたはOpenTnefStreamEx関数の場合、TNEF_ENCODE フラグを使用して開かれている TNEF オブジェクトに対してのみサポートされています。SetProps is supported only for TNEF objects that are opened with the TNEF_ENCODE flag for the OpenTnefStream or OpenTnefStreamEx function. プロパティの任意の数は、この呼び出しで設定できます。Any number of properties can be set with this call.

注意

SetPropsの実際の TNEF エンコードが行われないまで、 ITnef::Finishメソッドが呼び出された後です。No actual TNEF encoding for SetProps happens until after the ITnef::Finish method is called. SetPropsに渡されたポインターに保つように有効期限を終了する呼び出しが行われた後、この機能を示します。This functionality means that pointers passed into SetProps must remain valid until after the call to Finish is made. その時点で、すべてのオブジェクトとSetPropsの呼び出しに渡されるデータは、リリースまたは解放されます。At that point, all objects and data passed into SetProps calls can be released or freed.

関連項目See also

ITnef::FinishITnef::Finish

OpenTnefStreamOpenTnefStream

OpenTnefStreamExOpenTnefStreamEx

PidTagAttachNumber の標準的なプロパティPidTagAttachNumber Canonical Property

SPropValueSPropValue

ITnef: IUnknownITnef : IUnknown