IXPLogon::TransportLogoffIXPLogon::TransportLogoff

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

ログオフ処理を開始します。Initiates the logoff process.

HRESULT TransportLogoff(
  ULONG ulFlags
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[����]�\�񂳂�Ă��܂��B0 �ɂ���K�v������܂��B[in] Reserved; must be zero.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

呼び出しが成功し、予期される値または値が返されます。The call succeeded and returned the expected value or values. 以外 S_OK が返された場合、プロバイダーがログオフされます。If anything other than S_OK is returned, the provider is logged off.

備考Remarks

MAPI スプーラーは、特定のユーザー用のトランスポート プロバイダー セッションを終了するIXPLogon::TransportLogoffメソッドを呼び出します。The MAPI spooler calls the IXPLogon::TransportLogoff method to terminate a transport provider session for a particular user. TransportLogoffを呼び出す前に、MAPI スプーラーは、 IXPLogon::AddressTypesメソッドに渡されたこのセッションでサポートされているメッセージング アドレスの種類に関するデータを破棄します。Before calling TransportLogoff, the MAPI spooler discards any data about supported messaging address types for this session passed in the IXPLogon::AddressTypes method.

実装者へのメモNotes to implementers

トランスポート プロバイダーは、いつでもTransportLogoffへの呼び出しを受け入れるように準備する必要があります。The transport provider should be prepared to accept a call to TransportLogoff at any time. メッセージは、プロセスでは、プロバイダーは送信プロセスを停止する必要があります。If a message is in process, the provider should stop the sending process.

トランスポート プロバイダーが現在のセッションに割り当てられているすべてのリソースを解放する必要があります。The transport provider should release all resources allocated for its current session. 場合はMAPIAllocateBuffer関数では、このセッションで、すべてのメモリを割り当てられて、 MAPIFreeBuffer関数を使用してメモリを解放してする必要があります。If it has allocated any memory for this session with the MAPIAllocateBuffer function, it should free the memory by using the MAPIFreeBuffer function. この時点で、 IXPLogon::AddressTypesメソッドの呼び出しを満たすためにトランスポート プロバイダーによって割り当てられたメモリを安全に解放できます。Any memory allocated by the transport provider to satisfy calls to the IXPLogon::AddressTypes method can be safely released at this time.

通常、 TransportLogoffの呼び出しを完了するには、プロバイダー IMAPISupport::MakeInvalidメソッドを呼び出して、最初のログオン オブジェクトを無効にしてくださいのサポート オブジェクトを解放します。Usually, on completing a TransportLogoff call, a provider should first invalidate its logon object by calling the IMAPISupport::MakeInvalid method and then release its support object. サポート オブジェクトが解放されると、MAPI スプーラー プロバイダー オブジェクト自体にもリリースできますので、 TransportLogoffのプロバイダーの実装はサポート オブジェクトを最後に、開放しなければなりません。The provider's implementation of TransportLogoff should release the support object last, because when the support object is released, the MAPI spooler can also release the provider object itself.

関連項目See also

IMAPISupport::MakeInvalidIMAPISupport::MakeInvalid

IMAPISupport::SpoolerYieldIMAPISupport::SpoolerYield

IXPLogon::AddressTypesIXPLogon::AddressTypes

MAPIAllocateBufferMAPIAllocateBuffer

MAPIFreeBufferMAPIFreeBuffer

IXPLogon: IUnknownIXPLogon : IUnknown