メッセージを表示するためのフォームを起動します。Launching a Form to Read a Message

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

フォーム サーバーの実装では、クライアント アプリケーションがメッセージを読み込むとき、サーバーのフォームとフォーム オブジェクトのメソッド呼び出しの次の順序の期待される結果必要があります。Form server implementers should expect the following sequence of method calls to their form server and form objects when a client application loads a message:

  1. クライアント アプリケーションは、 MAPIOpenFormMgr関数を呼び出して、フォーム マネージャーを開きます。The client application opens the form manager with a call to the MAPIOpenFormMgr function.

  2. クライアント メソッドを呼び出して、 IMAPIFormMgr::LoadFormIMAPIFormを使用してオブジェクトを返します。The client application calls the IMAPIFormMgr::LoadForm method, which returns an object with IMAPIForm. さらにフォームのアクティブ化を使用しない場合、フォーム マネージャーを解放可能性があります。The form manager may be released now if it will not be used for further form activations. フォーム マネージャーは、続行する前に、フォームのサーバーの実行可能ファイルをインストールする必要がありますのでLoadFormへの呼び出しは時間がかかることに注意してください。Note that a call to LoadForm may take some time because the form manager may have to install the form server's executable files before proceeding.

  3. 必要に応じて、クライアント アプリケーションでは、フォルダー内の前または次のメッセージをロードするフォーム オブジェクトを引き起こす可能性のあるコントロールの操作にIMAPIViewContextを準備できます。Optionally, the client application can prepare IMAPIViewContext to control operations that may cause the form object to load the previous or next message in the folder. クライアント アプリケーションは、 IMAPIForm::SetViewContextメソッドを使用して、設定された既定のビュー コンテキストを変更するのにはLoadFormの呼び出しで。The client application can use the IMAPIForm::SetViewContext method to change the default view context that was set in the LoadForm call.

  4. クライアント アプリケーションでは、form オブジェクトにメッセージのデータをロードするのにはIPersistMessage::Loadメソッドを呼び出します。The client application calls the IPersistMessage::Load method to load message data into the form object.

  5. クライアント アプリケーションでは、省略可能なIMAPIViewContextインターフェイス ポインターを渡すこと、開いている動詞を呼び出すには、 IMAPIForm::DoVerbを呼び出します。The client application calls IMAPIForm::DoVerb to invoke the open verb, passing the optional IMAPIViewContext interface pointer.

関連項目See also

フォームのサーバー間のやり取りForm Server Interactions