MapiSvc.inf のメッセージ サービスのセクションで、リストのエントリList Entries in MapiSvc.inf Message Service Sections

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

セクションのリストのエントリの 2 種類があります: サービス プロバイダー セクションおよびその他のメッセージ サービスに固有のセクションを一覧表示する一覧を表示します。There are two types of section list entries: one that lists service provider sections and one that lists miscellaneous message service-specific sections. Mapisvc.inf の以下のファイル形式でこれらの 2 種類のエントリが表示されます。These two types of entries appear in mapisvc.inf using the following formats:

Providersprovider section1, provider section2, ...... provider sectionX
Sectionssection name1, section name2, ......section nameX

プロバイダーエントリ内の各セクションは、メッセージ サービスが属するサービス ・ プロバイダーの構成情報を提供する個々 のセクションにマップされます。Each section in the Providers entry maps to an individual section providing configuration information for a service provider that belongs to the message service. セクションエントリ内の各セクションは、メッセージ サービスで必要となる余分な構成情報を含むセクションにマップされます。Each section in the Sections entry maps to a section that contains extra configuration information needed by the message service. メッセージ サービスの実装者は、標準のセクションに適合しない特殊な情報が含まれている場合、余分なセクションを定義します。Message service implementers define extra sections when they want to include special information that does not fit in the standard sections. 複雑な構成通常メッセージ サービスでは、余分な情報を追加するのにセクションのエントリを使用します。Message services that have complicated configurations typically use the Sections entry to add extra information. メッセージ サービスのすべてのセクションには、プロバイダーのエントリのリストに少なくとも 1 つのセクションでメッセージ サービスのすべてのセクションでは、セクションのエントリがあります。Every message services section has a Providers entry with at least one section in the list; not all message service sections have a Sections entry.

メッセージ サービスのセクションの 2 つの例に従います。Two examples of message service sections follow. 最初のセクションでは、図では、1 つのサービス プロバイダーの簡単なメッセージ サービスからアドレス帳の既定のサービスのこと。The first section is for the Default Address Book service from the earlier illustration, a straightforward message service with a single service provider. 2 番目のセクションは、MsgService サービスは、次の 3 つのサービス プロバイダーとのより複雑なサンプル メッセージ サービスです。The second section is for the MsgService service, a more complex sample message service with three service providers.

[AB]
PR_DISPLAY_NAME=Default Address Book
Providers=AB Provider
PR_SERVICE_DLL_NAME=AB.DLL
PR_SERVICE_SUPPORT_FILES=AB.DLL
PR_SERVICE_ENTRY_NAME=DABServiceEntry
PR_RESOURCE_FLAGS=SERVICE_NO_PRIMARY_IDENTITY
[MsgService]
PR_DISPLAY_NAME=My Own Service
Providers=MsgService Prov1, MsgService Prov2, MsgService Prov3
Sections=First_Special_Section, Second_Special_Section
PR_SERVICE_DLL_NAME=MYSERV.DLL
PR_SERVICE_SUPPORT_FILES=MYSERV.DLL, MYXXX.DLL, MYZZZ.DLL
PR_SERVICE_ENTRY_NAME=MyServiceEntry
PR_RESOURCE_FLAGS=SERVICE_SINGLE_COPY
66040003=00000000

[MsgService] セクションのセクションのエントリの一覧の他の 2 つのセクション、1 つと呼ばれる [First_Special_Section][Second_Special_Section] と呼ばれる別のです。The Sections entry in the [MsgService] section lists two additional sections, one called [First_Special_Section] and the other called [Second_Special_Section]. 余分なセクション内に表示されるデータは、特定のメッセージ サービスに有効です。The data that might appear in extra sections is meaningful to the specific message service. これらのセクションには、余分なセクションを説明するために次の情報が表示されます。These sections appear following to illustrate extra sections.

[First_Special_Section]
UID=13DB0C8AA05101A9BB000AA002FC45A
66020003=01000000
66000003=00040000
66010003=06000000
66050003=03000000