LPropComparePropLPropCompareProp

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

等しいかどうかを確認するのには 2 つのプロパティの値を比較します。Compares two property values to determine whether they are equal.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiutil.hMapiutil.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
LONG LPropCompareProp(
  LPSPropValue lpSPropValueA,
  LPSPropValue lpSPropValueB
);

ParametersParameters

lpSPropValueAlpSPropValueA

[in]SPropValue構造体を比較する最初のプロパティの値を定義することへのポインター。[in] Pointer to an SPropValue structure defining the first property value to be compared.

lpSPropValueBlpSPropValueB

[in]SPropValue構造体を比較する 2 番目のプロパティの値を定義することへのポインター。[in] Pointer to an SPropValue structure defining the second property value to be compared.

�߂�lReturn value

LPropComparePropでは、ほとんどのプロパティの種類を次の値のいずれかを返します。LPropCompareProp returns one of the following values for most property types:

  • 0 より小さいによって値が指定されている場合、 _lpSPropValueA_パラメーターは、 _lpSPropValueB_パラメーターで指定されたよりも短い。Less than zero if the value indicated by the lpSPropValueA parameter is less than that indicated by the lpSPropValueB parameter.

  • _LpSPropValueB_によって示されるよりも大きく、値が_lpSPropValueA_で示されている場合は 0 より大きい値です。Greater than zero if the value indicated by lpSPropValueA is greater than that indicated by lpSPropValueB.

  • 値が_lpSPropValueA_で示されている場合は 0 では、 _lpSPropValueB_によって示される値と等しい。Zero if the value indicated by lpSPropValueA equals the value indicated by lpSPropValueB.

ブール値など、組み込みの順序がないプロパティの種類またはエラーの種類は、 LPropCompareProp関数は、2 つのプロパティの値が等しくない場合に未定義の値を返します。For property types that have no intrinsic ordering, such as Boolean or error types, the LPropCompareProp function returns an undefined value if the two property values are not equal. この未定義の値は 0 以外の値と一貫性のある複数の呼び出しThis undefined value is nonzero and consistent across calls.

備考Remarks

のみを比較する 2 つのプロパティの型が同じ場合は、 LPropCompareProp関数を使用します。Use the LPropCompareProp function only if the types of the two properties to be compared are the same.

LPropComparePropを呼び出す前にクライアント アプリケーションまたはサービス プロバイダーする必要があります最初にプロパティを取得、 IMAPIProp::GetPropsメソッドの呼び出しと比較するため。Before calling LPropCompareProp, a client application or service provider must first retrieve the properties for comparison with a call to the IMAPIProp::GetProps method. クライアントまたはプロバイダーの呼び出しLPropCompareProp関数が最初にいることを確認するのにはプロパティ タグを確認すると、プロパティ値の比較は、有効です。When a client or provider calls LPropCompareProp, the function first examines the property tags to make sure that the comparison of property values is valid. 関数は、適切な値を返すプロパティの値を比較します。The function then compares the property values, returning an appropriate value.

プロパティの値が等しくない場合は、 LPropComparePropは、どちらが大きい方を決定します。If the property values are unequal, LPropCompareProp determines which one is the greater. LPropComparePropを比較するプロパティは、同じオブジェクトに属している必要はありません。The properties that LPropCompareProp compares do not have to belong to the same object.