MAPI アドレスの種類MAPI Address Types

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

すべてのメッセージングユーザーは、 PR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) プロパティに格納されているユーザーのアドレスの形式を示す文字列であるアドレスの種類に関連付けられています。Every messaging user is associated with an address type, a character string describing the format of the user's address that is stored in the PR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) property. アドレスの種類は、アドレス形式にマップされます。Address types map to address formats. つまり、受信者のアドレスの種類を調べることで、クライアントアプリケーションは受信者に適したアドレスを書式設定する方法を判断できます。That is, by looking at a recipient's address type, client applications can determine how to format an address appropriate for the recipient.

たとえば、アドレスのSMTP種類は標準のインターネットアドレスを指定します。For example, the SMTP address type specifies the standard Internet address:

username@companyname.com.

そして、アドレスEXの種類は、Exchange サーバーのアドレスを指定します。And, the EX address type specifies an Exchange Server address.

すべてのアドレス帳エントリには、有効なアドレスの種類を指定する必要があります。All address book entries must have a valid address type. クライアントは、アドレス帳プロバイダーによってサポートされていない種類のカスタム受信者を作成するときに、ユーザーにアドレスの種類を指定するよう要求します。Clients require their users to specify an address type when creating a type of custom recipient unsupported by the address book provider. サポートされているエントリについては、アドレス帳プロバイダーが有効なアドレスの種類を提供する必要があります。For the entries that they support, address book providers are required to supply valid address types.

MAPI では、個人用配布リストを表すアドレスの種類として、mapipdl が1つだけ定義されています。MAPI defines only one address type: MAPIPDL, which stands for personal distribution list.

セッション内のすべてのトランスポートプロバイダーでサポートされているアドレスの種類の一覧を取得するために、クライアントアプリケーションはimapisession:: enumadrtypesメソッドを呼び出します。To get a list of the address types supported by all of the transport providers in the session, client applications call the IMAPISession::EnumAdrTypes method. 詳細については、「 imapisession:: enumadrtypes」を参照してください。For more information, see IMAPISession::EnumAdrTypes.