MAPI プロパティMAPI Properties

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

このセクションには、Microsoft Outlook メッセージング API (MAPI) によってサポートされる標準のプロパティが含まれています。This section contains canonical properties that are supported by Microsoft Outlook Messaging API (MAPI). 各標準的なプロパティは、1 つまたは複数の関連する MAPI プロパティに対応します。Each canonical property corresponds to one or multiple related MAPI properties. 標準のプロパティの詳細については、標準の MAPI プロパティを参照してください。For more information on canonical properties, see MAPI Canonical Properties. MAPI プロパティと、各オブジェクトに使用できるプロパティの一覧の動作の一般的な説明については、 MAPI プロパティの概要を参照してください。For a general explanation of how MAPI works with properties and a list of the properties available for each object, see MAPI Property Overview. プロパティに関連するマクロの詳細については、 SPropValue構造体のリファレンス ページを参照してください。For information about the property-related macros, see the reference page for the SPropValue structure. MAPI プロパティと既定のプロパティ名の対応の包括的な一覧は、 MAPI 名前を標準のプロパティ名にマッピングし、 MAPI の名前を標準のプロパティ名のマッピングを参照してください。For a comprehensive list of MAPI properties and their mappings to canonical property names, see Mapping MAPI Names to Canonical Property Names and Mapping Canonical Property Names to MAPI Names.

メモ: OLE バリアント型配列のメンバーとは異なり MAPI プロパティが複数値を持つ配列内のすべてのメンバーが同じ型の。Note: Unlike members of OLE variant arrays, every member in a MAPI multivalued property array is of the same type.

関連項目See also

MAPI ���t�@�����XMAPI Reference