MAPI のプロパティの概要MAPI Property Overview

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

プロパティは、MAPI オブジェクトの属性です。A property is an attribute of a MAPI object. プロパティは、メッセージの件名、メッセージングユーザーのアドレスの種類など、オブジェクトについての内容を示します。Properties describe something about the object, such as the subject line of a message or the address type of a messaging user. MAPI では、多くのプロパティを定義しています。複数のオブジェクトを記述する場合や、特定の種類のオブジェクトにのみ適している場合もあります。MAPI defines many properties, some to describe many objects and some that are appropriate only for an object of a particular type. クライアントおよびサービスプロバイダーは、新しいカスタムプロパティを作成することによって、あらかじめ定義されている MAPI のプロパティセットを拡張できます。Clients and service providers can extend MAPI's set of predefined properties by creating new, custom properties. クライアントは、新しいメッセージクラスを記述するためのプロパティを定義できます。また、サービスプロバイダーは、メッセージングシステムの固有の機能を公開するためのプロパティを定義できます。Clients can define properties to describe new message classes, and service providers can define properties to expose the unique features of their messaging system.

プロパティには、永続的なものと一時的なものがあります。Properties can be persistent or temporary. セッション間で保持されるプロパティは、オブジェクトのデータまたはプロファイルに格納できます。Properties that persist from session to session can be stored with their objects' data or in the profile. 一時プロパティは、現在のセッションの期間だけ存在します。Temporary properties exist only for the duration of the current session.

クライアントおよびサービスプロバイダーは、テーブルまたはプロパティシートを使用して、ユーザーにプロパティを表示できます。Clients and service providers can show properties to users with either a table or a property sheet. テーブルは、複数のオブジェクトに属するいくつかのプロパティの読み取り専用ビューをユーザーに提供します。Tables provide users with a read-only view of some of the properties belonging to multiple objects. データは行と列の形式で表示され、各行はオブジェクトを表し、各列がプロパティになります。The data is displayed in row and column format, with each row representing an object and each column a property. プロパティシートは、1つのオブジェクトの関連するプロパティを表示するタブ付きダイアログボックスです。Property sheets are tabbed dialog boxes that display related properties for a single object. プロパティシートは、読み取り専用または読み取り/書き込みのデータアクセスを提供できます。Property sheets can provide read-only or read/write access to the data. ユーザーがプロパティシートの実装者に変更を許可するかどうか。Whether or not a user is allowed to make changes is up to the implementer of the property sheet.

imapipropインターフェイスは、プロパティを使用するための主要なインターフェイスです。The IMAPIProp interface is the primary interface for working with properties. プロパティをサポートするすべてのオブジェクトは、 imapipropを実装します。All objects that support properties implement IMAPIProp. imapipropには、プロパティ値の取得、プロパティのコピー、変更、およびそれらの変更の保存、プロパティ名と識別子の間のマッピング、前のエラーに関する情報の取得を行うメソッドが含まれています。IMAPIProp includes methods for retrieving property values, copying properties, making changes and saving those changes, mapping between property names and their identifiers, and retrieving information about a prior error.

プロパティとプロパティに関する情報を記述するためのデータ構造がいくつかあります。There are several data structures for describing properties and information about properties. 最も一般的に使用される構造体は、 spropvalue構造体とSPropTagArray構造体です。The most commonly used structures are the SPropValue structure and the SPropTagArray structure. spropvalue構造体には、プロパティを説明する3つの情報が含まれています。The SPropValue structure contains the three pieces of information that describe a property:

  • プロパティのデータまたは値。Data, or value, of the property.

  • プロパティの値のデータ型 (integer、Boolean など)。Data type of the property's value, such as integer or Boolean.

  • 特定の範囲内で、そのプロパティとコンポーネントを保持する役割を一意に識別する数値。Numeric value within a particular range that uniquely identify the property and component responsible for maintaining it. たとえば、MAPI で定義されたメッセージコンテンツのプロパティを保持し、カスタムメッセージクラスに対してクライアントによって定義されたメッセージコンテンツのプロパティを保持する範囲があります。For example, there is a range to hold message content properties defined by MAPI and another range to hold message content properties defined by a client for a custom message class.

プロパティの型と識別子は、プロパティタグと呼ばれる1つのコンポーネントに結合されます。The property type and identifier are combined into a single component called the property tag. プロパティタグは、プロパティを簡単に参照するために使用できる定数です。Property tags are constants that can be used to easily refer to the property. MAPI で定義されているプロパティのプロパティタグは、MAPITAGS に含まれています。H ヘッダーファイルと、 spropvalue構造のulPropTagメンバ。Property tags for properties defined by MAPI are included in the MAPITAGS.H header file and in the ulPropTag member of an SPropValue structure. クライアントおよびサービスプロバイダーは、プロパティタグを使用して、対応するプロパティを識別、取得、更新します。Clients and service providers use property tags to identify, retrieve, and update the corresponding properties.

SPropTagArray構造体は、プロパティタグのカウントされた配列です。The SPropTagArray structure is a counted array of property tags. imapipropおよびその他のインターフェイスのメソッドの多くは、プロパティを記述するためにSPropTagArray構造を使用します。Many of the methods in IMAPIProp and other interfaces use an SPropTagArray structure for describing properties.

関連項目See also

MAPI の概念MAPI Concepts