MAPI レポート メッセージMAPI Report Messages

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

送信者へのメッセージのステータス情報を表示メッセージを報告します。Report messages present status information about a message to its sender.

レポート メッセージの 2 つの一般的な種類があります。There are two general types of report messages:

  • 進捗レポートを参照してください。Read status reports.

  • ステータス レポートを配信します。Delivery status reports.

ステータス レポート」を参照します。Read Status Reports

読み取りステータス レポートは、 IMAPISupport::ReadReceiptメソッドを呼び出すことによって、メッセージ ストア プロバイダーによって開始され、 PR_REPORT_ENTRYID (PidTagReportEntryId) のエントリの識別子によって表される受信者に送信されます。プロパティです。Read status reports are initiated by message store providers through a call to the IMAPISupport::ReadReceipt method and are sent to the recipient represented by the entry identifier in the PR_REPORT_ENTRYID (PidTagReportEntryId) property. 読み取りステータス レポートが自動的に生成されません。そのメッセージを受信するクライアント アプリケーションがそれらを明示的に要求する必要があります。Read status reports are not generated automatically; client applications that want to receive them must explicitly request them.

リードのレポートでは、メッセージを開く、印刷、移動、またはコピーするときに発生する、メッセージの読み取りのフラグが設定されていることを示します。A read report indicates that the read flag of a message has been set, which can occur when the message is opened, printed, moved, or copied. メッセージ ストア プロバイダーでは、移動への応答の読み取りのレポートを生成するか、コピー操作は、メッセージがどこに依存するかどうか。Whether or not a message store provider generates a read report in response to a move or copy operation depends on where the message is going. 移動されたり、常に読み取りのレポートは、通常、別のメッセージ ストアにコピーが送信されます。If it is being moved or copied to another message store, a read report will most likely always be sent. されている場合、移動やコピーを現在のメッセージ ・ ストアに読み取りレポートもありますが送信されません。If it is being moved or copied in the current message store, a read report might or might not be sent.

Nonread レポートは、メッセージの読み取りのフラグが設定されていないことと、削除済みアイテム フォルダー内に配置する前に、または制限時間の有効期限が切れる前に、メッセージが開いていないことを示します。A nonread report indicates that the read flag of a message is not set and that the message was not opened either before being placed in the Deleted Items folder or before the expiration of a time limit. クライアントは、メッセージの読み取りのフラグを設定またはIMessage::SetReadFlagまたはIMAPIFolder::SetReadFlagsメソッドを呼び出すことができます。Clients can call the IMessage::SetReadFlag or IMAPIFolder::SetReadFlags method to set or clear a message's read flag.

配信ステータス レポートDelivery Status Reports

配信のステータスは、配信レポート、メッセージがその受信者に達したときに送信されると、メッセージが受信者に到達できないときに送信される、配信不能レポートに反映されます。Delivery status is reflected in a delivery report, which is sent when a message has reached its intended recipient, and in a nondelivery report, which is sent when a message could not reach a recipient. 配信状態レポートは、このプロパティが存在しない場合、 PR_REPORT_ENTRYIDプロパティのエントリの識別子によって表される受信者または送信者に送信されます。Delivery status reports are sent to the recipient represented by the entry identifier in the PR_REPORT_ENTRYID property or to the sender if this property is not present.

配信レポートは、要求のみが送信され、元のメッセージが含まれていません。Delivery reports are sent by request only and do not include the original message. 配信不能レポートは、それらを非表示にするが要求される場合を除き、自動的に送信されます。Nondelivery reports are sent automatically unless a request is made to suppress them. 配信不能レポートには、レポートの受信者に配信がブロックされているどのような問題は、不要になった場合に、メッセージを再送信するを有効にするのには添付ファイルとして元のメッセージが含まれます。Nondelivery reports include the original message as an attachment to enable the report's recipient to resend the message in case whatever blocked the delivery is no longer a problem. 添付されたメッセージでは、最初に送信するのには、 IMessage::SubmitMessageメソッドが呼び出されたときに存在していた、元が似ています。The attached message resembles the original as it existed when the IMessage::SubmitMessage method was called to send it initially.

1 つまたは複数の配信状態レポートは、 IMAPISupport::StatusRecipsメソッドを呼び出すときに、トランスポート プロバイダーによって生成されます。One or more delivery status reports are generated by transport providers when they call the IMAPISupport::StatusRecips method. トランスポート プロバイダーは、メッセージの受信者の一覧を作成します。Transport providers compose a list of recipients for a message. 受信者がレポートされ、生成されるレポートの種類を受信するかどうかは、次に依存します。Whether or not a recipient receives a report and the type of report that is generated depends on the following:

  • 配信レポートは、受信者、メッセージは、メッセージ ・ ストアに格納された前に、 PR_ORIGINATOR_DELIVERY_REPORT_REQUESTED (PidTagOriginatorDeliveryReportRequested) プロパティを TRUE に設定するに進んでください。Delivery reports go to recipients that set the PR_ORIGINATOR_DELIVERY_REPORT_REQUESTED (PidTagOriginatorDeliveryReportRequested) property to TRUE before the message was placed in the message store.

  • PR_ORIGINATOR_NON_DELIVERY_REPORT_REQUESTED (PidTagOriginatorNonDeliveryReportRequested) のプロパティを FALSE に設定しませんでしたの受信者に配信不能レポートが移動します。Nondelivery reports go to recipients that did not set the PR_ORIGINATOR_NON_DELIVERY_REPORT_REQUESTED (PidTagOriginatorNonDeliveryReportRequested) property to FALSE.

ほぼすべての配信不能レポートを表示するために必要な情報は、添付されたメッセージの受信者テーブルに含まれています。Almost all of the information necessary to display a nondelivery report is contained in the recipient table of the attached message. レポート自体は、いくつかのプロパティです。A few properties are from the report itself. 配信レポートの場合は、レポートの受信者テーブルでは、いくつかのレポートのプロパティで、必要な情報が含まれています。For delivery reports, the necessary information is contained in the recipient table of the report and in a few report properties.

レポートは、個別のメッセージ クラスでは、送信済みメッセージのクラスに基づくメッセージです。Reports are messages with distinct message classes, based on the class of the sent message. ほとんどのサービス プロバイダーは、メッセージ クラスがピリオドで区切られたいくつかの要素で構成される、名前付け規則を使用します。Most service providers use a naming convention whereby the message class is composed of several parts separated by periods. 最初の部分は、「レポート」と、最後の部分は、レポート種類を表す定数です。The first part is "Report" and the last part is a constant that represents the report type. 中央部は、送信済みメッセージのクラスに予約されています。The middle part is reserved for the class of the sent message. たとえば、配信レポートは、一定の DR を使用するため配信のメッセージ クラスは、IPM について報告します。注意のメッセージを" Report.IPM.Note.DR"となります。For example, because a delivery report uses the constant DR, the message class for a delivery report about an IPM.Note message would be Report.IPM.Note.DR.

レポートの種類を表す定数を次の表に示します。The following table shows the constants that represent the types of reports.

レポートの種類Report type メッセージ クラスで使用される定数Constant used in message class
読み取りRead
IPNRNIPNRN
NonreadNonread
IPNNRNIPNNRN
配信Delivery
災害復旧DR
配信不能Nondelivery
NDRNDR

対話型クライアントは、MAPI によって提供される標準のフォームまたはレポートのメッセージ クラスのフォーム マネージャーに登録されているユーザー設定のフォームを使用して、レポート メッセージを表示できます。Interactive clients can display report messages by using standard forms provided by MAPI, or custom forms that have been registered with the form manager for the report's message class. IPM の配信不能レポートを受信するクライアントです。たとえば、注意のメッセージは、失敗した受信者と、エラーの推奨される理由の一覧が表示される標準の MAPI フォームを表示できます。Clients that receive a nondelivery report for an IPM.Note message, for example, can display the standard MAPI form that presents a list of the failed recipients and a suggested reason for the failure. フォームでは、必要な場合、ユーザーは、メッセージを再送信も可能です。The form also enables the user to resend the message, if desired.

関連項目See also

MAPI メッセージMAPI Messages