MAPIAllocateBufferMAPIAllocateBuffer

適用されます: Outlook 2013 |Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

メモリ バッファーを割り当てます。Allocates a memory buffer.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapix.hMapix.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
SCODE MAPIAllocateBuffer(
  ULONG cbSize,
  LPVOID FAR * lppBuffer
);

パラメーターParameters

cbSizecbSize

[in]割り当てられるバッファーのバイト単位のサイズです。[in] Size, in bytes, of the buffer to be allocated.

lppBufferlppBuffer

[out]返されるバッファーへのポインター。[out] Pointer to the returned allocated buffer.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

呼び出しが成功し、要求されたメモリ バッファーが返されます。The call succeeded and has returned the requested memory buffer.

注釈Remarks

MAPIAllocateBufferの中に処理を呼び出す、呼び出し元の実装は、オペレーティング システムからメモリ ブロックを取得します。During MAPIAllocateBuffer call processing, the calling implementation acquires a block of memory from the operating system. メモリ バッファーは、偶数のバイト アドレスに割り当てられます。The memory buffer is allocated on an even-numbered byte address. 長整数型のアクセスがより効率的なプラットフォームでは、オペレーティング システムは、バイト単位でサイズが 4 の倍数のアドレスにバッファーを割り当てます。On platforms where long integer access is more efficient, the operating system allocates the buffer on an address whose size in bytes is a multiple of four.

MAPIFreeBuffer関数のリリースを呼び出す、 MAPIAllocateMore関数とすべてのバッファーを呼び出すことによって、 MAPIAllocateBuffer、によって割り当てられたメモリ バッファーにリンクして、メモリが不要になったとき。Calling the MAPIFreeBuffer function releases the memory buffer allocated by MAPIAllocateBuffer, by calling the MAPIAllocateMore function and any buffers linked to it, when the memory is no longer needed.

関連項目See also

MAPIReallocateBufferMAPIReallocateBuffer