MAPIUninitializeMAPIUninitialize

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

、参照カウントのクリーンアップ処理をデクリメントし、削除インスタンスごとのグローバルなデータの MAPI DLL です。Decrements the reference count, cleans up, and deletes per-instance global data for the MAPI DLL.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapix.hMapix.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションClient applications
void MAPIUninitialize ( void );

ParametersParameters

なしNone

Return valueReturn value

なし。None.

備考Remarks

クライアント アプリケーションでは、生じます関数の呼び出しによって開始されている MAPI との対話を終了するMAPIUninitialize関数を呼び出します。A client application calls the MAPIUninitialize function to end its interaction with MAPI, begun with a call to the MAPIInitialize function. MAPIUninitializeが呼び出されると、その他の MAPI 呼び出し可能ないクライアントです。After MAPIUninitialize is called, no other MAPI calls can be made by the client.

MAPIUninitialize参照をデクリメント、および対応する生じます関数は、参照カウントをインクリメントします。MAPIUninitialize decrements the reference count, and the corresponding MAPIInitialize function increments the reference count. したがって、1 つの関数への呼び出しの数は、他の呼び出しの数に等しくなければなりません。Thus, the number of calls to one function must equal the number of calls to the other.

注意

Win32 DllMain関数またはその他の機能を作成するか、スレッドを終了するのには生じますかからMAPIUninitializeを呼び出すことはできません。You cannot call MAPIInitialize or MAPIUninitialize from within a Win32 DllMain function or any other function that creates or terminates threads. 詳細については、スレッド セーフであるオブジェクトを使用するを参照してください。For more information, see Using Thread-Safe Objects.