メッセージ テキストMessage Text

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MIME モードでの送信メッセージのコンテンツの種類によって異なるかどうかは添付ファイルとメッセージのテキストは次のようにあります。For outbound messages in MIME mode, the content-type depends on whether there are attachments and what the message text looks like. 添付ファイルがある場合は、コンテンツ タイプは、メッセージ テキスト_マルチパートと混合して_各添付ファイルがメッセージの内容、それぞれに独自のコンテンツの種類の別の部分になります。If there are attachments, the Content-type is multipart/mixed; the message text and each attachment become a separate part of the message content, each with its own content-type. 添付ファイルがない場合、メッセージのコンテンツ タイプ_と_1 つだけの部分があります。If there are no attachments, the content-type of the message is text/plain and there is only one part.

メッセージのテキストがない行が折り返されていくつかの行は、140 文字の長さを超えない限り、します。The message text is not line-wrapped unless some line exceeds 140 characters in length. 76 列にテキスト全体をラップが存在する場合、および_引用符で囲まれた印刷可能な_エンコーディングを使用して、改行を保持します。If one does, the entire text is wrapped to 76 columns and the quoted-printable encoding is used to preserve line breaks. コンテンツ タイプは、どのような文字は、メッセージ テキストを次のようにによって異なります。The content-type depends on what characters are found in the message text, as follows:

  • 7 ビットの文字が見つかるし、行を超えると 140 文字の長さでない、だけの場合、メッセージは、ASCII テキストになります。If only 7-bit characters are found and no line exceeds 140 characters in length, the message is ASCII text. コンテンツの種類: テキスト/形式; charset =、us-ascii(コンテンツ転送エンコード = 7 ビットであると見なされます)。Content-type: text/plain; charset=us-ascii (Content-Transfer-Encoding=7bit is assumed.)

  • 長い行、または 8 ビットの文字が見つかった場合、メッセージ テキストは、文字セットは、ロケールによって決まります。If long lines or 8-bit characters are found, the message is text and the character set is determined by the locale. ISO 8859 の標準で定義されている文字セットから選択する必要があります。It should be chosen from the character sets defined by ISO standard 8859. コンテンツの種類: テキスト/形式; charset = iso 8859-1(または別の有効な文字セット)Content-type: text/plain; charset=iso-8859-1 (or another valid charset)

    コンテンツ転送エンコード: 引用符で囲まれた印刷可能なContent-Transfer-Encoding: quoted-printable

受信 MIME メッセージの場合は、最初のメッセージ コンテンツの一部が_コンテンツの種類: テキスト/* _ (つまり、すべてのテキスト型) とは、その文字セットを認識、 PR_BODY (PidTagBody) にマップされています。For inbound MIME messages, if the first message content part has Content-type: text/* (that is, any text type) and its character set is recognized, it is mapped to PR_BODY (PidTagBody). この条件を満たしていない最初のメッセージ コンテンツ部分では、添付ファイルになります。A first message content part not meeting this criterion becomes an attachment. 任意の残りの部分は、添付ファイルにもなります。Any subsequent parts also become attachments.

Uuencode モードでは、送信メッセージのメッセージ テキストは、MS Mail の場合と、78 の列に行が折り返されて 3.x。In uuencode mode, message text in outbound messages is line-wrapped to 78 columns, as for MS Mail 3.x. コンテンツ タイプは、「テキスト/形式」です。The content-type is "text/plain." このような状況下で元のメッセージの段落の区切りを保持するには、ラップされたテキストでは、次の規則を確認します。To preserve the original message's paragraph breaks under these circumstances, observe the following conventions in the wrapped text. それぞれ独自の文字シーケンスを持つテキストの行を終了する 3 つの原因があります。There are three possible reasons for ending a line of text, each with its own character sequence:

  • 改行します。Line-break. 元のテキストには、(段落記号) のユーザーによって入力された改行文字が含まれています。The original text contained a newline entered by the user (paragraph mark). トランスポートの前の空白なしに改行文字にマッピングします。In the transport, this maps to a newline with no preceding blanks. 場合は空白に続く改行文字を入力すると、空白を削除した必要があります。If the user enters a newline preceded by blanks, the blanks should be stripped out.

  • Nobreak の行です。Line-nobreak. 元のテキストには、メッセージの 1 行に収まらない単語が含まれています。The original text contained a word too long to fit on a single line of the message. トランスポートの前に 2 つの空白で改行文字にマッピングします。In the transport, this maps to a newline preceded by two blanks.

  • 行の折り返しです。Line-wrap. 元のテキストに改行文字が含まれていません、メッセージの 1 行に収まるようにテキストが長すぎますが、2 つの単語の間で分割できます。The original text contained no newline, the text is too long to fit on a single line of the message, but it can be broken between two words. トランスポートの 1 つの空白に続く改行文字にマッピングします。In the transport, this maps to a newline preceded by a single blank.