コード サンプルとしての MFCMAPIMFCMAPI as a code sample

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

mfcmapi サンプルでは、メッセージング API を使用して、グラフィカルユーザーインターフェイスを介して MAPI ストアへのアクセスを提供します。The MFCMAPI sample uses the Messaging API to provide access to MAPI stores through a graphical user interface. このサンプルをダウンロードすると、ソースファイルを使用して、多くの MAPI インターフェイスおよび参照の使用状況の例を調べることができます。After you download this sample, you can use the source files to examine example usage cases for many of the MAPI interfaces and references. 詳細については、「 MAPI のインターフェイス」を参照してください。For more information, see MAPI Interfaces.

対象Platforms:
windows 7、windows Vista、windows server 2008、windows XP SP2、および windows server 2003 SP1 をコンパイルするための Microsoft Visual Studio 2008Microsoft Visual Studio 2008 to compile for Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows XP SP2, and Windows Server 2003 SP1

mfcmapi をダウンロードするにはTo download MFCMAPI

  1. [ mfcmapi ] ページで、[ソースコード] タブをクリックします。On the MFCMAPI page, click the Source Code tab.

  2. [最近のチェックイン] で、最新のビルドに対して [ダウンロード] をクリックします。Under Recent Check-Ins, click Download for the most recent build.

  3. 使用許諾契約書の内容を確認し、[同意する] をクリックします。Read the license agreement, and then click I Agree.

  4. [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [保存] をクリックします。In the File Download dialog box, click Save. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、ソースファイルを保存するフォルダーを見つけ、[保存] をクリックします。In the Save As dialog box, locate the folder in which you want to save the source files, and then click Save.

  5. [ダウンロードの完了] ダイアログボックスで、[フォルダーを開く] をクリックします。In the Download Complete dialog box, click Open Folder. また、[閉じる] をクリックしてダイアログボックスを閉じ、保存したフォルダーで zip 形式のソースファイルを特定することもできます。You can also click Close to close the dialog box and locate the zipped source files in the folder that you saved them in.

  6. mfcmapi<-バージョン番号>.zipファイルを右クリックし、[すべて展開] をクリックします。Right-click the MFCMAPI-<version number>.zip file, and then click Extract All. 表示されるダイアログボックスで、[抽出] をクリックして、表示されているフォルダーにファイルを抽出します。In the dialog box that appears, click Extract to extract the files to the folder that is displayed. [参照] をクリックして、別のフォルダーを選択または作成することもできます。You can also click Browse to select or create a different folder.

  7. 管理者として Visual Studio 2008 を実行します。Run Visual Studio 2008 as an administrator.

    注意

    Windows XP を実行しているコンピューターでは、管理者としてログインする必要があります。If your computer is running Windows XP, you must be logged in as an administrator. Windows Vista を実行しているコンピューターでは、管理者としてログインしていて、Visual Studio 2008 アイコンを右クリックし、[管理者として実行] をクリックする必要があります。If your computer is running Windows Vista, you must be logged in as an administrator and you must right-click the Visual Studio 2008 icon and then click Run as administrator.

  8. Visual Studio 2008 で、[ファイル] をクリックし、[開く] をポイントして、[プロジェクト/ソリューション] をクリックします。In Visual Studio 2008, click File, point to Open, and then click Project/Solution.

  9. サンプルを保存した場所に移動し、[ mfcmapi .vcproj] を選択して、[開く] をクリックします。Browse to the location where you saved the sample, select MFCMapi.vcproj, and then click Open.

  10. [ ビルド] メニューで、[ ソリューションのビルド] をクリックします。On the Build menu, click Build Solution.

  11. [名前を付けてファイルを保存] ダイアログボックスで、[保存] をクリックします。In the Save File As dialog box, click Save.

コードサンプルとして mfcmapi を使用するにはTo use MFCMAPI as a code sample

ソリューションエクスプローラーで、[ mfcmapi ] プロジェクトを展開し、[ヘッダーファイル]、[リソースファイル]、[ソースファイル] の各ノード内のファイルを調べてプログラミングシナリオを確認します。In Solution Explorer, expand the MFCMapi project and examine the files in the Header Files, Resource Files, and Source Files nodes for programming scenarios.

MAPI のインターフェイス」セクションにある多くのメソッドのトピックでは、プログラミング例のために mfcmapi ソースファイルをポイントしています。Many method topics in the MAPI Interfaces section point to MFCMAPI source files for programming examples. たとえば、 IMsgStore:: getreceivefoldertableでは、MsgStoreDlg ファイル内の関数CMsgStoreDlg::OnDisplayReceiveFolderTableを参照するように指示されます。For example, in IMsgStore::GetReceiveFolderTable you are instructed to look at the function CMsgStoreDlg::OnDisplayReceiveFolderTable in the MsgStoreDlg.cpp file.

関連項目See also