NOTIFCALLBACKNOTIFCALLBACK

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MAPI 呼び出しをイベント通知を送信するコールバック関数を定義します。Defines a callback function that MAPI calls to send an event notification. このコールバック関数は、 HrAllocAdviseSink関数を呼び出すことによって作成されたアドバイズ シンク オブジェクトにラップするときにのみ使用できます。This callback function can only be used when wrapped in an advise sink object created by calling the HrAllocAdviseSink function.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
によって実装される関数の定義:Defined function implemented by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
によって呼び出される関数を定義します。Defined function called by:
MAPIMAPI
ULONG (STDAPICALLTYPE NOTIFCALLBACK)(
  LPVOID lpvContext,
  ULONG cNotification,
  LPNOTIFICATION lpNotifications
);

ParametersParameters

lpvContextlpvContext

[in]任意の値へのポインターは、MAPI では、それを呼び出すときに、コールバック関数に渡されます。[in] Pointer to an arbitrary value passed to the callback function when MAPI calls it. この値は重要では、クライアント アプリケーションまたはサービス プロバイダーにアドレスを表すことができます。This value can represent an address of significance to the client application or service provider. 通常、C++ コードでは、 _lpvContext_パラメーターのポインターを表します C++ オブジェクトにします。Typically, for C++ code, the lpvContext parameter represents a pointer to a C++ object.

cNotificationcNotification

[in]_LpNotifications_パラメーターで指定された配列内のイベント通知の数です。[in] Count of event notifications in the array indicated by the lpNotifications parameter.

lpNotificationslpNotifications

[out]この関数が書き込む場所通知の構造体の配列をバッファーへのポインターには、イベント通知が含まれています。[out] Pointer to the location where this function writes an array of NOTIFICATION structures that contains the event notifications.

�߂�lReturn value

NOTIFCALLBACK関数のプロトタイプ用の有効な戻り値のセットは、クライアント アプリケーションまたはサービス プロバイダーでこの関数を実装するかどうかによって異なります。The set of valid return values for the NOTIFCALLBACK function prototype depends on whether the function is implemented by a client application or a service provider. クライアントは、S_OK を返す常にする必要があります。Clients should always return S_OK. プロバイダーには、S_OK または CALLBACK_DISCONTINUE のいずれかを返すことができます。Providers can return either S_OK or CALLBACK_DISCONTINUE.

備考Remarks

CALLBACK_DISCONTINUE は、有効な戻り値の同期のコールバック関数だけです。MAPI すぐに停止するこの通知のコールバックの処理を要求します。CALLBACK_DISCONTINUE is a valid return value for synchronous callback functions only; it requests that MAPI immediately stop processing the callbacks for this notification. CALLBACK_DISCONTINUE が返された場合は、MAPI はIMAPISupport::Notifyすると、NOTIFY_CANCELED に_lpUlFlags_パラメーターを設定します。When CALLBACK_DISCONTINUE is returned, MAPI sets the lpUlFlags parameter to NOTIFY_CANCELED when it returns from IMAPISupport::Notify.

同期コールバック関数の機能に制約は、次のように。The following are limitations on what a synchronous callback function can do:

  • これが原因で、別の同期通知を生成することはできません。It cannot cause another synchronous notification to be generated.

  • ユーザー インターフェイスを表示することはできません。It cannot display a user interface.

関連項目See also

IMAPIAdviseSink::OnNotifyIMAPIAdviseSink::OnNotify