一時アドレスOne-off addresses

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

一時アドレスは、1回限りの受信者にメッセージを送信するために使用されます。受信者は、セッションのアドレス帳コンテナーのいずれかに対応するエントリがないことになります。One-off addresses are used to send messages to one-off recipients, recipients that do not have a corresponding entry in any of the session's address book containers. クライアントは、送信メッセージの受信者一覧に新しいエントリをアドレス帳または新しい受信者に追加するときに、1回限りのアドレスを作成できます。Clients can create one-off addresses when they add new entries to the address book or new recipients to the recipient list of an outgoing message. 変更可能な任意のコンテナーに、1回限りのアドレスを追加できます。One-off addresses can be added to any container that is modifiable.

1回限りのアドレスを作成するには、クライアントは編集コントロールを含む特別なテンプレートを使用して、1回限りのアドレスを構成するすべての情報を入力します。To create a one-off address, clients use a special template containing edit controls for entering all of the information that makes up a one-off address. その他の種類のアドレスなどの1回限りのアドレスは、定義済みの形式を使用します。One-off addresses, like addresses of other types, use a predefined format. 1回限りのアドレス形式は、次のように MAPI によって定義されます。The one-off address format is defined by MAPI as follows:

Display name[Address type:Email address]

この形式には6つのコンポーネントがあり、文字のクォートにはいくつかのルールがあります。There are six components to this format and some rules about quoting characters. 次の表では、これらのコンポーネントについて説明します。The components are described in the following table.

コンポーネントComponent 用途Usage 説明Description
識別名 (DN)Display name
省略可能Optional
存在しない場合、 IAddrBook:: ResolveNameは、電子メールアドレスの表示名として表示される部分を使用します。If not present, IAddrBook::ResolveName uses the visible part of the email address as the display name. 空白を含めることができます。May include blanks. 詳細については、「 IAddrBook:: ResolveName」を参照してください。For more information, see IAddrBook::ResolveName.
[
必須Required
表しの種類と住所情報の開始。Delineates the start of the type and address information.
]
必須Required
表しは、型と住所情報の最後を示します。Delineates the end of the type and address information. この文字の後に空白以外の文字を入力した場合、エントリはカスタム受信者として扱われません。If anything other than white space follows this character, the entry is not treated as a custom recipient.
アドレスの種類Address type
必須Required
住所の種類。特定のアドレス形式にマップします。Type of address; maps to a specific address format. 詳細については、「 MAPI アドレスの種類」を参照してください。For more information, see MAPI Address Types.
:
必須Required
アドレスの種類を電子メールアドレスから分離します。Separates the address type from the email address.
電子メール アドレスEmail address
必須Required
��M�҂̃A�h���X�ł��BAddress of the recipient. 空白を含めることができます。May include blanks.

MAPI では、特定の引用符文字のセットを使用して、コンマ (,)、左大かっこ ([)、コロン (:) などの特殊文字をアドレスに含めることができます。また、キャリッジリターンや改行などの何らかのシリアライズ可能な文字、またはその他の16進数に相当するものもあります。MAPI uses particular sets of quoting characters to allow addresses to contain special characters such as comma (,), left bracket ([), and colon (:) and some untypeable characters such as the carriage return or line feed or any other hexadecimal equivalent. クォート文字は、バックスラッシュ ()) です。The quoting character is the backslash (). そのため、クライアントまたはプロバイダーがアドレスにバックスラッシュを挿入する必要がある場合は、その preceed を\クォート文字 ("") で囲む必要があります。Therefore, if clients or providers must insert a backslash in an address, they must preceed it with the quoting character ("\").

クライアントおよびサービスプロバイダーは、固定されていない任意の型のフィールドでこのクォート手法を使用できます。Clients and service providers can use this quoting technique in any of the nonfixed, typeable fields. たとえば、次のエントリは、請求書 Lee を表示名、アドレスの種類\としては mルード、電子メールアドレスとしては、次のように変換します。For example, the following entry translates to Bill Lee as the display name, MSPEER as the address type, and \billll\in as the email address:

Bill Lee[MSPEER:\\\\billl\in]

特別な非種類のシリアライズ可能な文字を挿入するには、クライアントとサービスプロバイダーは、クォート文字の後に x と2桁の16進数を使用して、それに相当する16進数を表します。To insert special nontypeable characters, clients and service providers use a quoting character followed by an x and two hexadecimal digits to represent their hexadecimal equivalent. たとえば、アドレスに、キャリッジリターンに相当する非検出可能な文字 (\ 0d) がある場合、16進数ではクライアントは次のように入力します。For example, if an address has a nontypeable character that equates to a carriage return, (\0d) in hexadecimal, a client would enter them as:

Fax Recipient[fax:recipient\x0dbuilding\x0doffice\x0d555-1212\x0d]

IAddrBook:: ResolveNameは、ほとんどの SMTP アドレスを自動的に解析し、次の形式のアドレスを検索します。IAddrBook::ResolveName also automatically parses most SMTP addresses, looking for addresses with the following format:

XXX@YYY.ZZZ

使用可能な RFC822 形式の一部は処理されませんが、ほとんどのユーザーにとってこの自動解析は十分です。Although not all of the possible RFC822 formats are handled, this automatic parsing is adequate for most users. ResolveNameにはこの機能が含まれており、ユーザーが SMTP アドレスを直接メッセージに入力し、そのメッセージがインターネットユーザーに送られるようにすることができます。ResolveName includes this functionality to enable users to enter SMTP addresses directly into a message and have that message go to the Internet user. 住所の XXX、YYY、および ZZZ コンポーネントには、1つ以上の文字を指定できます。The XXX, YYY, and ZZZ components of the address can be one or more characters. アットマーク (@) は、XXX、yyy、または ZZZ のいずれかのアドレスコンポーネントに含めることはできません。また、yyy コンポーネントに期間を含めることもできません。The at sign (@) cannot be included in either the XXX, YYY, or ZZZ address components and the YYY component also cannot include the period. SMTP アドレスでは次の文字が特殊文字なので、MAPI はこれらの文字を含む表示名を、1回限りのアドレスに自動的に変換します。Because the following characters are special characters in SMTP addresses, MAPI automatically converts a display name containing these characters into a one-off address:

  • >>

  • @

  • <>

  • .

すべての1回限りのアドレスには、対応する1回限りのエントリ識別子が割り当てられます。Every one-off address is assigned a corresponding one-off entry identifier. この割り当てを行うために、クライアントはIAddrBook:: createoneoffを呼び出し、トランスポートプロバイダはimapisupport:: createoneoffを呼び出します。To make this assignment, clients call IAddrBook::CreateOneOff and transport providers call IMAPISupport::CreateOneOff. 詳細については、「 IAddrBook:: createoneoff 」および「 imapisupport:: createoneoff」を参照してください。For more information, see IAddrBook::CreateOneOff and IMAPISupport::CreateOneOff. 受信メッセージを処理する場合、トランスポートプロバイダーは、ゲートウェイアドレスと、トランスポートに関連付けられたアドレス帳プロバイダーによって処理できないアドレスに対して、1回限りのエントリ識別子を作成します。When processing incoming messages, transport providers create one-off entry identifiers for gateway addresses and for addresses that cannot be handled by the transport's associated address book providers. トランスポートプロバイダーメッセージ内の各アドレスの種類をチェックして、トランスポートに関連付けられているアドレス帳プロバイダーによって処理できるかどうかを判断します。Transport providers check the type of each address in a message to determine if it can be handled by an address book provider associated with the transport. 送信できない場合、トランスポートプロバイダーはimapisupport:: createoneoffを呼び出して、アドレスを1回限りのエントリ識別子に関連付けます。If it cannot, transport providers call IMAPISupport::CreateOneOff to associate the address with a one-off entry identifier.

1回限りのエントリ識別子には、次の順序で情報が含まれます。One-off entry identifiers include the following information in the following order:

  1. MAPIUIDMAPIUID

  2. バージョンVersion

  3. フラグFlags

  4. 識別名 (DN)Display name

  5. アドレスの種類Address type

  6. 電子メール アドレスEmail address

IAddrBook:: createoneoffおよびimapisupport:: createoneoffの場合、クライアントとトランスポートプロバイダーは、1回限りのアドレスで表される受信者が書式設定されたテキストや埋め込み OLE を処理できるかどうかを示すフラグを設定できます。対象.In the calls to IAddrBook::CreateOneOff and IMAPISupport::CreateOneOff, clients and transport providers can set a flag that indicates whether or not the recipient represented by the one-off address can process formatted text or embedded OLE objects. 受信者が書式設定されたテキストと OLE オブジェクトを処理できることを示すために、クライアントとトランスポートプロバイダーは_ulflags_パラメーターに MAPI_SEND_NO_RICH_INFO フラグを設定します。To indicate that a recipient can handle formatted text and OLE objects, clients and transport providers set the MAPI_SEND_NO_RICH_INFO flag in the ulFlags parameter. その後、MAPI は、1回限りの受信者のPR_SEND_RICH_INFO (PidTagSendRichInfo) プロパティを FALSE に設定します。MAPI then sets the one-off recipient's PR_SEND_RICH_INFO (PidTagSendRichInfo) property to FALSE. このフラグが設定されていない場合、MAPI は、1回限りのアドレスが SMTP アドレスとして解釈される場合を除き、 PR_SEND_RICH_INFOを TRUE に設定します。When this flag is not set, MAPI sets PR_SEND_RICH_INFO to TRUE unless the one-off address is interpreted as an SMTP address. この1つの場合、 PR_SEND_RICH_INFOの既定値は FALSE です。In this one case, PR_SEND_RICH_INFO defaults to FALSE.

関連項目See also