ビュー記述子を開くOpening a view descriptor

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

標準表示モード、既定のビューまたは個人用ビューの任意の数に多くのフォルダーを開くことができます。Many folders can be opened with a normal view, a default view, or any number of personalized views. ビューでは、フォルダーの内容を表示する方法について説明します。A view describes how to display the contents of a folder. 標準のビューは、別のビューがない場合に、最初にフォルダーを開くときに使用されます。The normal view is used when there is no alternative view and when you are opening the folder for the first time. 代替ビューが存在する場合は、フォルダーを開くに使用してください。When an alternative view does exist, you must use it to open the folder.

ビューは、ビュー記述子と呼ばれるメッセージの説明です。A view is described in a message known as a view descriptor. ビュー記述子では、通常、関連付けられているメッセージとして作成し、[共通] または [個人用のビュー フォルダーまたは IPM の任意のフォルダー内に表示されます。View descriptors are typically created as associated messages and can appear in either the common or personal view folders or in any IPM folder.

ビュー記述子を開くTo open a view descriptor

  1. フォルダーの内容を関連するテーブルを取得するためにIMAPIContainer::GetContentsTableを呼び出します。Call IMAPIContainer::GetContentsTable to retrieve the associated contents table for the folder.

  2. ビュー記述子用に予約されたメッセージ クラスのメッセージだけを検索する制限を作成し、テーブルを制限するIMAPITable::Restrictと、適切な行を取得するためにIMAPITable::QueryRowsを呼び出すか、.Create a restriction that locates only messages with the message class reserved for view descriptors and call IMAPITable::Restrict to limit the table and IMAPITable::QueryRows to retrieve the appropriate rows, or...

    PR_DEFAULT_VIEW_ENTRYID (PidTagDefaultViewEntryId) のプロパティを取得するために、フォルダーのIMAPIProp::GetPropsメソッドを呼び出します。Call the folder's IMAPIProp::GetProps method to retrieve its PR_DEFAULT_VIEW_ENTRYID (PidTagDefaultViewEntryId) property. PR_DEFAULT_VIEW_ENTRYIDには、フォルダーの既定のビューの記述子が含まれるメッセージのエントリ id が含まれています。PR_DEFAULT_VIEW_ENTRYID contains the entry identifier for the message containing the default view descriptor for a folder. フォルダーは、 IMAPIFolder::CreateMessageおよびIMAPIContainer::GetContentsTableへの呼び出しに MAPI_ASSOCIATED フラグの使用をサポートしている場合、この呼び出しは成功します。This call will succeed if the folder supports the use of the MAPI_ASSOCIATED flag on calls to IMAPIFolder::CreateMessage and IMAPIContainer::GetContentsTable.

  3. 開くビュー記述子のエントリの識別子を使用してIMsgStore::OpenEntryを呼び出します。Call IMsgStore::OpenEntry with the entry identifier of the view descriptor to open it.