Outlook MAPI リファレンスOutlook MAPI Reference

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

Microsoft Outlook Messaging API (MAPI) リファレンスへようこそ。MAPI は、Microsoft Outlook 2013 および Outlook 2016 のメッセージング アーキテクチャを提供します。Outlook の MAPI は、インターフェイス、関数、他のデータ型のセットを提供し、Outlook メッセージング アプリケーションの開発を容易にします。アプリケーションとトランスポートでは、MAPI を使用して、メール データを操作し、メール メッセージとそれを格納するフォルダーを作成し、既存の MAPI に関連するデータへの変更の通知をサポートします。Welcome to the Microsoft Outlook Messaging API (MAPI) Reference. MAPI provides the messaging architecture for Microsoft Outlook 2013 and Outlook 2016. MAPI for Outlook provides a set of interfaces, functions, and other data types to facilitate the development of Outlook messaging applications. Applications and transports use MAPI to manipulate email data, to create email messages and the folders to store them in, and to support notifications of changes to existing MAPI-related data.

注意

Outlook のソリューションを開発するのが初めての場合は、「Outlook 用のソリューションを開発するための API またはテクノロジの選択」を参照し、必要に応じて適切な API とテクノロジを特定します。If you are new to developing solutions for Outlook, see Selecting an API or technology for developing solutions for Outlook to identify the APIs and technologies that are most appropriate for your needs.

このセクションの内容In this section

関連項目See also