PidLidAppointmentTimeZoneDefinitionRecur の標準的なプロパティPidLidAppointmentTimeZoneDefinitionRecur Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

定期的な予定または会議出席依頼の作成時に使用されるタイム ゾーンの説明を格納するTZDEFINITION構造体の保存形式に対応するストリームが含まれています。Contains a stream that maps to the persisted format of a TZDEFINITION structure, which stores the description for the time zone that is used when a recurring appointment or meeting request is created.

関連するプロパティ。Associated properties:
dispidApptTZDefRecurdispidApptTZDefRecur
プロパティを設定します。Property set:
PSETID_AppointmentPSETID_Appointment
長い ID (LID):Long ID (LID):
0x000082600x00008260
データを入力します。Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
領域:Area:
カレンダーCalendar

備考Remarks

Outlook または Exchange Server の予定表を実行している Microsoft Outlook を Microsoft Office Outlook 2007 では、ソリューションでは、コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 以降のバージョンは、ツールの使用方法dispidApptTZDefRecurを更新します。dispidTimeZoneStruct (PidLidTimeZoneStruct) のプロパティをタイム ゾーンの規則を変更する場合に、定期的な会議を調整する必要があるかどうかを確認します。Versions of Microsoft Outlook since Microsoft Office Outlook 2007, and solutions based on Collaboration Data Objects (CDO) 1.2.1 that have run the Outlook or Exchange Server calendar update tool use the dispidApptTZDefRecur and dispidTimeZoneStruct (PidLidTimeZoneStruct) properties to determine whether the recurring meeting should be adjusted if the rules of the time zone change. 古いクライアントが、 dispidTimeZoneStructプロパティを操作するため、これらのプロパティを同期する必要があります。These properties must be synchronized, because older clients may still manipulate the dispidTimeZoneStruct property. 2 つのプロパティーを同期するかどうかを検出するには、 dispidTimeZoneStructに一致するルールのwFlagsメンバーに、TZRULE_FLAG_RECUR_CURRENT_TZREG フラグを設定する必要があります。To detect whether the two properties are synchronized, the wFlags member for the rule that matches dispidTimeZoneStruct should have the TZRULE_FLAG_RECUR_CURRENT_TZREG flag set. このフラグは設定されていない、または設定されている、 dispidTimeZoneStructプロパティの規則は、マークされたルールと一致しない場合、 dispidApptTZDefRecurプロパティを破棄する必要があり、 dispidTimeZoneStructを代わりに使用する必要があります。If this flag is not set, or it is set and the rule in the dispidTimeZoneStruct property does not match the marked rule, the dispidApptTZDefRecur property should be discarded and dispidTimeZoneStruct should be used instead.

新しい定期的な会議、または、 dispidTimeZoneStructプロパティ、タイム ゾーン (の現在の定義を使用して任意の選択を行うと、 dispidApptTZDefRecurdispidTimeZoneStructの両方のプロパティを記述する場合Windows レジストリ) に従って使用する必要があります。When you write both the dispidApptTZDefRecur and dispidTimeZoneStruct properties to a new recurring meeting, or, when you make an arbitrary choice to use the dispidTimeZoneStruct property, the current definition for the time zone (according to the Windows registry) should be used.

パーサーは、 dispidApptTZDefRecurから取得するストリームを読み取るとき、またはdispidApptTZDefRecurなどのバイナリのプロパティへの取り組みのためのストリームにTZDEFINITIONが引き続き発生する場合注意が必要である必要があります。A parser must be careful when it reads a stream that is obtained from dispidApptTZDefRecur, or when it persists TZDEFINITION to a stream for commitment to a binary property such as dispidApptTZDefRecur. 詳細については、バイナリのプロパティをコミットするためのストリームに永続化する TZDEFINITIONを参照してください。For more information, see About persisting TZDEFINITION to a stream to commit to a binary property.

dispidApptTZDefRecurを世界協定時刻 (UTC) から、会議の日付と時刻、定期的に変換する方法を説明するタイム ゾーン情報を指定します。dispidApptTZDefRecur specifies time zone information that describes how to convert the meeting date and time on a recurring series to and from Coordinated Universal Time (UTC). このプロパティがdispidTimeZoneStructで表されるデータと一致しないデータがある場合は、クライアントは、 dispidApptTZDefRecurの代わりにdispidTimeZoneStructを使用する必要があります。If this property is set but it has data that is inconsistent with the data represented by dispidTimeZoneStruct, the client must use dispidTimeZoneStruct instead of dispidApptTZDefRecur. DispidApptTZDefRecurが設定されていない場合、 PidLidTimeZoneStructプロパティが使用されます。If dispidApptTZDefRecur is not set, the PidLidTimeZoneStruct property will be used instead. この BLOB 内のフィールドは、リトル エンディアン バイト順でエンコードされます。The fields in this BLOB are encoded in little-endian byte order.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

プロパティ セットの定義と関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides property set definitions and references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOCAL][MS-OXOCAL]

プロパティや予定、会議出席依頼および応答メッセージの動作を指定します。Specifies the properties and operations for appointment, meeting request, and response messages.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names