PidLidAutoFillLocation の標準的なプロパティPidLidAutoFillLocation Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

リソースを表す RecipientRow からPR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) のプロパティをdispidLocation (PidLidLocation) プロパティの値が設定されていることを示します。Indicates that the value of the dispidLocation (PidLidLocation) property is set to the PR_DISPLAY_NAME (PidTagDisplayName) property from the RecipientRow that represents a resource.

関連するプロパティ。Associated properties:
dispidAutoFillLocationdispidAutoFillLocation
プロパティを設定します。Property set:
PSETID_AppointmentPSETID_Appointment
長い ID (LID):Long ID (LID):
0x0000823A0x0000823A
データを入力します。Data type:
PT_BOOLEANPT_BOOLEAN
領域:Area:
会議Meetings

備考Remarks

RecipientRow の詳細については、 [MS OXCMSG]で指定されているプロトコル メッセージと添付ファイルのオブジェクトを参照してください。For more details on RecipientRow, see the Message and Attachment Object protocol as specified in [MS-OXCMSG].

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

プロパティ セットの定義と関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides property set definitions and references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOCAL][MS-OXOCAL]

プロパティや予定、会議出席依頼および応答メッセージの動作を指定します。Specifies the properties and operations for appointment, meeting request, and response messages.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names