PidTagAttachLongPathname の標準的なプロパティPidTagAttachLongPathname Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

添付ファイルの長さの完全修飾パスとファイル名が含まれています。Contains an attachment's fully-qualified long path and filename.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_ATTACH_LONG_PATHNAME、PR_ATTACH_LONG_PATHNAME_A、PR_ATTACH_LONG_PATHNAME_WPR_ATTACH_LONG_PATHNAME, PR_ATTACH_LONG_PATHNAME_A, PR_ATTACH_LONG_PATHNAME_W
識別子:Identifier:
0x370D0x370D
データを入力します。Data type:
PT_STRING8、PT_UNICODEPT_STRING8, PT_UNICODE
領域:Area:
メッセージの添付ファイルMessage attachment

備考Remarks

これらのプロパティは、参照、添付ファイルを指定するPR_ATTACH_METHOD (PidTagAttachMethod) プロパティの値のいずれかを使用する場合に適用しますATTACH_BY_REFERENCEATTACH_BY_REF_RESOLVE、またはATTACH_BY。_REF_ONLYThese properties are applicable when you use any of the PR_ATTACH_METHOD (PidTagAttachMethod) property's values that indicate attachment by reference: ATTACH_BY_REFERENCE, ATTACH_BY_REF_RESOLVE, or ATTACH_BY_REF_ONLY. 長いファイル名をサポートするプラットフォームは、 PR_ATTACH_LONG_PATHNAMEまたは関連付けられているプロパティとPR_ATTACH_PATHNAME (PidTagAttachPathname) プロパティの両方を送信すると、 PR_ATTACH_LONG_PATHNAME をチェックする必要があります。 を設定する必要があります。 を受信する場合はプロパティを最初に関連付けられているか。Platforms that support long filenames should set both PR_ATTACH_LONG_PATHNAME or associated properties and PR_ATTACH_PATHNAME (PidTagAttachPathname) properties when sending, and should check PR_ATTACH_LONG_PATHNAME or associated properties first when receiving.

クライアント アプリケーションは、長いパスが推奨されると、メッセージを受信するホスト ・ マシンには、長いファイル名がサポートしている場合に使用するファイル名にこれらのプロパティを設定する必要があります。The client application should set these properties to a suggested long path and filename to be used if the host machine receiving a message supports long filenames. これらのプロパティを設定するには、添付ファイルのデータがメッセージに含まれていないが、共通のファイル ・ サーバで使用可能なことを示します。Setting these properties indicates that the attachment data is not included with the message but is available on a common file server.

ディレクトリとファイル名がPR_ATTACH_PATHNAMEによって提供されるとは異なりこれらのディレクトリとファイル名は、8 文字のディレクトリまたはファイル名と拡張子 3 文字に制限付きではありません。Unlike the directories and filenames provided by PR_ATTACH_PATHNAME, these directories and filenames are not restricted to an eight-character directory or filename plus three-character extension. 代わりに、各ディレクトリまたはファイル名、最大 256 文字、名前、拡張子、および区切り記号のピリオドを含みます。Instead, each directory or filename can be up to 256 characters long, including the name, extension, and separator period. ただし、全体的なパスは、256 文字に制限されています。However, the overall path is limited to 256 characters.

クライアントは、ファイルが共有され、ファイルがローカルの絶対パスを使用する必要がある場合に、ほとんどの場合、汎用名前付け規則 (UNC) を使用します。Clients should use a universal naming convention (UNC) in most cases when the file is shared, and should use an absolute path when the file is local.

MAPI はパスとファイル名に ANSI 文字セットです。MAPI works only with paths and filenames in the ANSI character set. OEM 文字セット内のパスとファイル名を使用するクライアント アプリケーションする必要があります ANSI に変換する、MAPI を呼び出す前にします。Client applications that use paths and filenames in an OEM character set must convert them to ANSI before calling MAPI.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXCMSG][MS-OXCMSG]

メッセージと添付ファイルのオブジェクトを処理します。Handles message and attachment objects.

[MS OXORMMS][MS-OXORMMS]

権限管理でエンコードされたメッセージのプロパティを指定します。Specifies the properties of rights-managed encoded messages.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names