PidTagIpmJournalEntryId の標準的なプロパティPidTagIpmJournalEntryId Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

Outlook の履歴フォルダーのエントリ Idが含まれています。Contains the EntryID of the Outlook Journal folder.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_IPM_JOURNAL_ENTRYIDPR_IPM_JOURNAL_ENTRYID
識別子:Identifier:
0x36D20x36D2
データを入力します。Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
領域:Area:
FolderFolder

備考Remarks

このプロパティは、メッセージ ・ ストアのルート フォルダーと同様に、[受信トレイ] フォルダーに格納されます。This property is stored in the Inbox folder as well as the root folder of the message store. 特定のメッセージ ストアのプロパティにアクセスするには、次の操作を行います。To access the property on a specific message store, do the following:

  1. 最初に、受信トレイ フォルダー内のプロパティを探します。First, look for the property in the Inbox folder. IMsgStore::GetReceiveFolderを使用すると、受信トレイ フォルダーのエントリ Idへの参照を取得します。Use IMsgStore::GetReceiveFolder to obtain a reference to the EntryID for the Inbox folder.

  2. IMsgStore::GetReceiveFolderが成功した場合は、受信トレイを開き、 IMAPIFolderオブジェクトへの参照を取得する、受信トレイとIMsgStore::OpenEntryエントリ Idへの参照を使用します。If IMsgStore::GetReceiveFolder is successful, then use the reference to the EntryID of the Inbox and IMsgStore::OpenEntry to open the Inbox and obtain a reference to an IMAPIFolder object.

  3. IMsgStore::OpenEntryが成功した場合は、目的のプロパティを取得するIMAPIFolderオブジェクトとIMAPIProp::GetPropsに返される参照を使用します。If IMsgStore::OpenEntry is successful, then use the returned reference to the IMAPIFolder object and IMAPIProp::GetProps to obtain the desired property.

  4. 1、2、または 3 の手順が失敗した場合は、ルート フォルダーのプロパティを検索します。If Step 1, 2, or 3 fails, look for the property in the root folder. そのためには、 IMsgStore::OpenEntrylpEntryIDのメッセージ ・ ストアのルート フォルダーを開き、 IMAPIFolderオブジェクトへの参照を取得するのには NULL を指定するを使用します。To do that, use IMsgStore::OpenEntry, specifying NULL for lpEntryID, to open the root folder of the message store and obtain a reference to the IMAPIFolder object.

  5. ルート フォルダーを開くときに成功した場合は、目的のプロパティを取得するのには、 IMAPIFolderオブジェクトとIMAPIProp::GetPropsに返される参照を使用します。If opening the root folder is successful, then use the returned reference to the IMAPIFolder object and IMAPIProp::GetProps to obtain the desired property.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOSFLD][MS-OXOSFLD]

プロパティを作成すると、メールボックス内の特別なフォルダーを検索する操作を指定します。Specifies the properties and operations for creating and locating the special folders in a mailbox.

[MS OXODLGT][MS-OXODLGT]

接続し、別のユーザーに代わって動作する場合は、デリゲート、およびメッセージと予定表のオブジェクトとの対話としてメールボックスを構成するためのメソッドを指定します。Specifies methods for connecting to and configuring mailboxes as delegates, and interactions with message and calendar objects when they act on behalf of another user.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names