PidTagIpmWastebasketEntryId の標準的なプロパティPidTagIpmWastebasketEntryId Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

標準的な個人間メッセージ (IPM) の [削除済みアイテム フォルダーのエントリ id が含まれています。Contains the entry identifier of the standard interpersonal message (IPM) Deleted Items folder.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_IPM_WASTEBASKET_ENTRYIDPR_IPM_WASTEBASKET_ENTRYID
識別子:Identifier:
0x35E30x35E3
データを入力します。Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
領域:Area:
FolderFolder

備考Remarks

クライアント アプリケーションは、個人間のメッセージを削除を削除済みアイテム フォルダーに移動します。A client application should move deleted interpersonal messages to the Deleted Items folder. このフォルダーにメッセージがある場合、またはこのプロパティがサポートされていない場合は、クライアントはメッセージを削除する必要があります。If the message is already in this folder, or if this property is not supported, the client should delete the message.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names