PidTagMappingSignature の標準的なプロパティPidTagMappingSignature Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

特定の MAPI オブジェクトの名前付きプロパティのマッピングの署名が含まれています。Contains the mapping signature for named properties of a particular MAPI object.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_MAPPING_SIGNATUREPR_MAPPING_SIGNATURE
識別子:Identifier:
0x0FF80x0FF8
データを入力します。Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
領域:Area:
その他Miscellaneous

備考Remarks

名前付きプロパティを持つオブジェクトがこのプロパティを公開することをお勧めします。It is recommended that objects having named properties expose this property. という名前の別の 1 つのオブジェクトからプロパティをコピーするとき、クライアント アプリケーションは両方のオブジェクトのPR_MAPPING_SIGNATUREプロパティを確認する必要があります。A client application should check the PR_MAPPING_SIGNATURE property of both objects when copying named properties from one object to another. このプロパティの使用方法は、コピーされたプロパティの名前と id の間の変換を最小限にできます。Use of this property can minimize translating between copied properties' names and identifiers.

特定の MAPI オブジェクトのこのプロパティが存在しない場合、オブジェクトは、固有のマッピングが、独自の名前と識別子があります。If this property does not exist for a given MAPI object, then the object has its own unique mapping of names and identifiers. ここで、クライアントは、ソース オブジェクトとし、目的のオブジェクトのIMAPIProp::GetIDsFromNamesメソッドでIMAPIProp::GetNamesFromIDsメソッドを呼び出す必要があります。In this case the client must call the IMAPIProp::GetNamesFromIDs method on the source object and then the IMAPIProp::GetIDsFromNames method on the destination object.

2 つのオブジェクトは、同じPR_MAPPING_SIGNATURE値を持つ、クライアントでは、識別子を名前に識別子の名前を変換する必要はありません。When two objects have the same PR_MAPPING_SIGNATURE value, the client does not need to translate name to identifier and identifier to name. クライアントがメソッドを呼び出してIMAPIProp::GetPropsソースとし、 IMAPIProp::SetPropsメソッドで先にします。The client can simply call the IMAPIProp::GetProps method on the source and then the IMAPIProp::SetProps method on the destination. これは、名前付きプロパティは、ユーザー設定のコピーを実行するクライアント、およびプロバイダーは、 IMAPIProp::CopyToメソッドとIMAPIProp::CopyPropsメソッドを実装するには便利です。This is convenient for clients that perform custom copying of named properties, and for providers implementing the IMAPIProp::CopyTo and IMAPIProp::CopyProps methods.

名前付きプロパティとの名前と識別子のマッピングの詳細については、 MAPI 名前付きプロパティを参照してください。For more information on named properties and mapping of names and identifiers, see MAPI Named Properties.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOABK][MS-OXOABK]

プロパティとユーザー、連絡先、グループ、およびリソースのリストの操作を指定します。Specifies the properties and operations for lists of users, contacts, groups, and resources.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPINAMEIDMAPINAMEID

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names