PidTagOriginCheck の標準的なプロパティPidTagOriginCheck Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

配信レポートの受信者を元のメッセージの発生元を検証するを有効にするバイナリの検証値が含まれています。Contains a binary verification value that enables a delivery report recipient to verify the origin of the original message.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_ORIGIN_CHECKPR_ORIGIN_CHECK
識別子:Identifier:
0x00270x0027
データを入力します。Data type:
PT_BINARYPT_BINARY
領域:Area:
ServerServer

備考Remarks

このプロパティは、送信されたメッセージの送信元を確認するメッセージ転送エージェント (MTA) または配信レポートを受信するメッセージングのユーザーなどのサード パーティ製の手段を提供します。This property provides a means for a third party, such as a message transfer agent (MTA) or a messaging user receiving a delivery report, to verify the submitted message's origin. 受信したメッセージに存在する場合、このプロパティは、メッセージへの応答として生成されるすべての配信レポートをコピーしてください。If present on a received message, this property should be copied onto any delivery report generated in response to the message.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

関連付けられているプロパティとして記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as associated properties.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names