PidTagRtfInSync の標準的なプロパティPidTagRtfInSync Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

(PidTagRtfCompressed) であるPR_RTF_COMPRESSEDプロパティにこのメッセージのPR_BODY (PidTagBody) のプロパティと同じテキストの内容がある場合、TRUE が格納されます。Contains TRUE if the PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed) property has the same text content as the PR_BODY (PidTagBody) property for this message.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_RTF_IN_SYNCPR_RTF_IN_SYNC
識別子:Identifier:
0x0E1F0x0E1F
データを入力します。Data type:
PT_BOOLEANPT_BOOLEAN
領域:Area:
EmailEmail

備考Remarks

値が (PidTagBody) であるPR_BODYプロパティをこのメッセージのテキスト形式のバージョンと、 PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed) のプロパティをリッチ テキスト形式 (RTF) バージョンが同じ以外の場合は TRUE の場合PR_BODYPR_RTF_COMPRESSEDの書式設定に空白文字です。A value of TRUE means that the PR_BODY (PidTagBody) property, the plain text version of this message, and the PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed) property, the Rich Text Format (RTF) version, are identical except for white space in PR_BODY and formatting in PR_RTF_COMPRESSED. 2 つのバージョンのテキストは、同じ順序で同じ文字で構成されます。The text in the two versions consists of the same characters in the same sequence.

FALSE は、2 つのバージョンがテキスト コンテンツは同期されませんの関数によって同期されるの値です。A value of FALSE means that the two versions are not synchronized for text content but are capable of being synchronized by the RTFSync function. 1 つのバージョンが変更されているし、他のバージョンには、ありません。One version has been altered and the other version has not.

値は、なし、2 つのバージョンでは、両方が存在か、以前存在していた場合は同期できません。No value means that the two versions, if both exist or ever existed, cannot be synchronized. 1 つのバージョンは削除されたり、大幅に同期が可能ではないことに変更します。One version has been deleted or altered so radically that synchronization is no longer possible.

PR_RTF_COMPRESSEDを変更したクライアント アプリケーションは、強制的に同期するには、このプロパティに false を指定の値を設定する必要があります。A client application that has modified PR_RTF_COMPRESSED should set a value of FALSE in this property to force synchronization. RTF に対応してメッセージ ・ ストアには、 IMAPIProp::SaveChangesの呼び出し中に行うを使用して、同期を実行します。RTF-aware message stores should perform the synchronization using RTFSync during an IMAPIProp::SaveChanges call. RTF に対応していないクライアントがPR_RTF_COMPRESSEDを読む前にPR_RTF_IN_SYNCの設定を確認して必要な場合は最初の行うを呼び出します。RTF-aware clients should check the setting of PR_RTF_IN_SYNC before reading PR_RTF_COMPRESSED, and call RTFSync first if necessary.

PR_BODYが空白以外の値に変更がある場合、メッセージ ・ ストアは、同期を終了するのにはPR_RTF_IN_SYNCを削除しなければなりません。If PR_BODY has had modifications to anything other than its white space, the message store must delete PR_RTF_IN_SYNC to terminate synchronization.

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXCMSG][MS-OXCMSG]

メッセージと添付ファイルのオブジェクトを処理します。Handles message and attachment objects.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

代替名として記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as alternate names.

関連項目See also

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names