PidTagSendRichInfo の標準的なプロパティPidTagSendRichInfo Canonical Property

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

受信者がリッチ テキスト形式 (RTF) およびオブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) オブジェクトを含む、すべてのメッセージの内容を受信できる場合は TRUE を格納します。Contains TRUE if the recipient can receive all message content, including Rich Text Format (RTF) and Object Linking and Embedding (OLE) objects.

関連するプロパティ。Associated properties:
PR_SEND_RICH_INFOPR_SEND_RICH_INFO
識別子:Identifier:
0x3A400x3A40
データを入力します。Data type:
PT_BOOLEANPT_BOOLEAN
領域:Area:
AddressAddress

備考Remarks

配布リストとメッセージのユーザー オブジェクトがこのプロパティを公開することをお勧めします。It is recommended that distribution list and messaging user objects expose this property.

このプロパティでは、送信者が受信者に MAPI を有効にすると見なされるかどうかを示します。This property indicates whether the sender considers the recipient to be MAPI-enabled.

このプロパティは TRUE に設定、トランスポートおよびゲートウェイは RTF と OLE オブジェクトを含むメッセージの完全なコンテンツを送信できます。When this property is set to TRUE, the transport and gateway can transmit the full content of the message, including RTF and OLE objects. トランスポート プロバイダーが、ゲートウェイは、すべてのメッセージング ・ システムにネイティブではない任意のプロパティをカプセル化するのには、トランスポート ニュートラル カプセル化形式 (TNEF) を使用する必要があります。The transport provider and gateway should use Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) to encapsulate any properties that are not native to all the messaging systems involved.

このプロパティは FALSE に設定、トランスポート プロバイダーが、ゲートウェイは、ネイティブのクライアントが使用できないメッセージの内容を破棄するのには無料です。When this property is set to FALSE, the transport provider and gateway are free to discard message content that their native clients cannot use. など、クライアントでは、rtf 形式をサポートしていないと、トランスポート プロバイダーはプレーン テキストのみを送信できます。For example, when the clients do not support RTF, the transport provider can send only plain text.

このプロパティが設定されていない場合、既定の動作は、トランスポート プロバイダー、メッセージ転送エージェント (MTA) またはゲートウェイの実装によって決定されます。When this property is not set, default behavior is determined by the implementation of the transport provider, message transfer agent (MTA), or gateway. アドレス帳プロバイダーは、このプロパティをサポートする必要はありません。Address book providers are not required to support this property. たとえば、密結合のアドレス帳とトランスポート プロバイダーは、TNEF を送信する rtf 形式を使用しない選択できます。For example, a tightly coupled address book and transport provider can choose to send TNEF but never use RTF.

トランスポート プロバイダーを考えないで、クライアントとゲートウェイでは、TNEF を使用して、自分の責任では。The client should not assume the transport provider and gateway will use TNEF on their own initiative. いくつかのトランスポート プロバイダーと TNEF をサポートするゲートウェイは、このプロパティの値に関係なく転送が構築または TRUE に設定されていない場合は、TNEF を送信する他のユーザーを拒否します。Some transport providers and gateways that support TNEF transmit it without regard to the value of this property, but others decline to construct or send TNEF if it is not set to TRUE.

注意

受信者ごとの単位では、このプロパティと、その値に基づく意思決定の設定です。The setting of this property, and the decisions based on its value, are on a per-recipient basis.

既定では、MAPI は、値を TRUE に設定します。By default, MAPI sets the value to TRUE. IAddrBook::CreateOneOffまたはIMAPISupport::CreateOneOffを呼び出して、プロバイダーを呼び出すクライアントは、 _ulFlags_パラメーターを FALSE にこのプロパティを設定するのには MAPI にMAPI_SEND_NO_RICH_INFOビットを設定できます。A client calling IAddrBook::CreateOneOff or a provider calling IMAPISupport::CreateOneOff can set the MAPI_SEND_NO_RICH_INFO bit in the ulFlags parameter, which causes MAPI to set this property to FALSE. ユーザー インターフェイスによって作成される一時アドレスは、作成するテンプレートで指定された値を使用します。One-offs created by the user interface use the value specified by the creating template.

IAddrBook::ResolveNameメソッドの呼び出しの名前が解決することはできませんが、インターネット アドレス (SMTP) として解釈できる場合、このプロパティは FALSE に設定します。On calls to the IAddrBook::ResolveName method when the name cannot be resolved but can be interpreted as an Internet address (SMTP), this property is set to FALSE. インターネット アドレスとして解釈されます、未解決のエントリの表示名は、X@Y の形式である必要があります。Z では、"pete@pinecone.com"などです。To be construed as an Internet address, the display name of the unresolved entry must be in the format X@Y.Z, such as "pete@pinecone.com".

プロトコルの仕様Protocol specifications

[MS OXPROPS][MS-OXPROPS]

関連する Exchange Server プロトコルの仕様への参照を提供します。Provides references to related Exchange Server protocol specifications.

[MS OXOABK][MS-OXOABK]

プロパティとユーザー、連絡先、グループ、およびリソースのリストの操作を指定します。Specifies the properties and operations for lists of users, contacts, groups, and resources.

[MS OXOMSG][MS-OXOMSG]

プロパティは、電子メール メッセージのオブジェクトに対して許可する操作を指定します。Specifies the properties and operations that are permissible for email message objects.

[MS OXCMAIL][MS-OXCMAIL]

メッセージ オブジェクトをインターネット メールの標準的な規則。from Internet standard email conventions to message objects.

ヘッダー ファイルHeader files

Mapidefs.hMapidefs.h

データ型定義を提供します。Provides data type definitions.

Mapitags.hMapitags.h

関連付けられているプロパティとして記載されているプロパティの定義が含まれています。Contains definitions of properties listed as associated properties.

関連項目See also

PidTagAttachDataObject の標準的なプロパティPidTagAttachDataObject Canonical Property

MAPI プロパティMAPI Properties

標準の MAPI プロパティMAPI Canonical Properties

MAPI 名への標準的なプロパティ名のマッピングMapping Canonical Property Names to MAPI Names

MAPI 名前を標準のプロパティ名にマップします。Mapping MAPI Names to Canonical Property Names