PROP_IDPROP_ID

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

指定されたプロパティ タグのプロパティの識別子を返します。Returns the property identifier of a specified property tag.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
関連の構造体。Related structure:
SPropValueSPropValue
PROP_ID (ulPropTag)

ParametersParameters

ulPropTagulPropTag

返される識別子を格納するプロパティ タグです。Property tag that contains the identifier to be returned.

備考Remarks

プロパティのすべてのタグには、下位ワード (ビット 0 ~ 15) のプロパティの型と、上位ワード (16 ~ 31 のビット) のプロパティの識別子が含まれています。Every property tag contains the property type in the low-order word (bits 0 through 15) and the property identifier in the high-order word (bits 16 through 31). PROP_IDマクロは、プロパティの識別子を抽出し返される整数の 15 からビット 0 に入れます。The PROP_ID macro extracts the property identifier and puts it in bits 0 through 15 of the integer to be returned. 戻り値の残りのビットは、0 に設定されます。The remaining bits of the return value are set to zeros.

たとえば、 PROP_IDマクロは、 IMAPIProp::GetNamesFromIDsに渡すための識別子を取得する場合に使用できます。The PROP_ID macro can be used, for example, to retrieve an identifier to pass to IMAPIProp::GetNamesFromIDs. GetNamesFromIDsは、名前付きプロパティの識別子に関連付けられているプロパティ名を取得します。GetNamesFromIDs retrieves the property name associated with an identifier for a named property.

関連項目See also

SPropValueSPropValue

構造体に関連するマクロMacros Related to Structures