受信者テーブルRecipient Tables

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

受信者テーブルには、メッセージのすべての受信者に関する情報が含まれています。The recipient table contains information about all the recipients for a message. メッセージ ストア プロバイダーは、受信者テーブルを実装し、クライアント アプリケーションが使用します。Message store providers implement recipient tables and client applications use them. クライアントは、 IMessage::GetRecipientTableメソッドを呼び出すことによって受信者テーブルにアクセスまたは場合は、メッセージ ・ ストア プロバイダーでサポートされている、 IMAPIProp::OpenPropertyメソッドにします。Clients access a recipient table by making a call to the IMessage::GetRecipientTable method, or if the message store provider supports it, to the IMAPIProp::OpenProperty method. インターフェイス識別子のプロパティ タグと IID_IMAPITable のPR_MESSAGE_RECIPIENTS (PidTagMessageRecipients) を指定することによってOpenPropertyを持つ受信者テーブルをクライアントにアクセスします。Clients access recipient tables with OpenProperty by specifying PR_MESSAGE_RECIPIENTS (PidTagMessageRecipients) for the property tag and IID_IMAPITable for the interface identifier. 受信者テーブルへの変更は、 IMessage::ModifyRecipientsメソッドを呼び出すことによって可能です。Changes to a recipient table can be made by calling the IMessage::ModifyRecipients method.

受信者テーブルには、メッセージが送信されたかどうかに応じて、設定の異なる列があります。Recipient tables have a different column set depending on whether the message has been submitted. 次のプロパティは、受信者テーブルの設定の必要な列を構成します。The following properties make up the required column set in recipient tables:

省略可能なプロパティは次のとおりです。The optional properties are:

送信されたメッセージは、必要な列のセットに追加したプロパティを含める必要があります。Submitted messages should include these additional properties in their required column set:

プロバイダーの実装では、によって、テーブルのエントリ IDPR_SENDER_NAME (PidTagSenderName) などの追加の列があります。Depending on a provider's implementation, additional columns, such as PR_SENDER_NAME (PidTagSenderName) and ENTRYID, might be in the table.

メッセージの送信をサポートする任意のメッセージ ストア プロバイダー、プロバイダーのPR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) のプロパティに設定されている STORE_SUBMIT_OK ビットによって示されるなどの特定のセットのサポートを提供する必要があります受信者テーブルの実装で制限します。Any message store provider that supports message transmission — as indicated by the STORE_SUBMIT_OK bit being set in the provider's PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) property — should offer support for a particular set of restrictions in a recipient table implementation. ****、または、次のように存在して、プロパティの制限は、受信者テーブルのユーザーが使用可能にする必要がある制限の種類。The AND, OR, exist, and property restrictions are among the types of restrictions that should be available to recipient table users. のみ、等しいと等しくない演算子は、プロパティの制限をサポートする必要があります。Only the equal and not equal operators need to be supported on the property restriction. これらの制限は、次のプロパティを操作する必要があります。These restrictions must work with the following properties:

  • PR_ADDRTYPEPR_ADDRTYPE

  • PR_EMAIL_ADDRESS(PidTagEmailAddress)PR_EMAIL_ADDRESS (PidTagEmailAddress)

  • PR_RECIPIENT_TYPEPR_RECIPIENT_TYPE

  • れないPR_RESPONSIBILITY

  • PR_SPOOLER_STATUSPR_SPOOLER_STATUS

関連項目See also

MAPI テーブルMAPI Tables