RemovePreprocessInfoRemovePreprocessInfo

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

削除は、メッセージから、 PreprocessMessageベースの関数によって書き込まれた情報をプリプロセスします。Removes preprocessed information written by a PreprocessMessage based function from a message.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapispi.hMapispi.h
によって実装される関数の定義:Defined function implemented by:
トランスポート プロバイダーTransport providers
によって呼び出される関数を定義します。Defined function called by:
MAPI スプーラーMAPI spooler
HRESULT RemovePreprocessInfo(
  LPMESSAGE lpMessage
);

ParametersParameters

lpMessagelpMessage

[in]削除する元となる情報は、プリプロセス済みのメッセージへのポインター。[in] Pointer to the preprocessed message from which information is to be removed.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

プリプロセス済みの情報が正常に削除されました。Preprocessed information was removed successfully.

備考Remarks

MAPI スプーラーは、 RemovePreprocessInfoに基づく関数を呼び出します。The MAPI spooler calls a function based on RemovePreprocessInfo. トランスポート プロバイダーは、同時並行のPreprocessMessageベースの関数を登録するときに、 IMAPISupport::RegisterPreprocessorメソッドの呼び出しでRemovePreprocessInfoベースの関数を登録します。A transport provider registers the RemovePreprocessInfo based function at the same time it registers the parallel PreprocessMessage based function in a call to the IMAPISupport::RegisterPreprocessor method.

Fax 転送のための適切なレンダリング イメージは、 PreprocessMessage関数のプロトタイプで定義された関数が記述したプリプロセス済みの情報の例です。An image rendering suitable for fax transmission is an example of preprocessed information written by a function defined by the PreprocessMessagefunction prototype. 通常、MAPI スプーラーは、プリプロセス済みの情報を含むメッセージを送信した後はRemovePreprocessInfo関数を呼び出します。The MAPI spooler usually calls a RemovePreprocessInfo function after sending a message that contains preprocessed information.