トランスポート オーダを設定Setting Transport Order

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MAPI スプーラーに送信メッセージを処理できるトランスポート プロバイダーを宣言するための識別子とアドレスの種類に基づく責任が割り当てられます。The MAPI spooler assigns responsibility for outgoing messages based on the address types and identifiers that transport providers declare they can handle. トランスポート プロバイダーがサポートされているアドレスの種類と識別子のリストを発行する- MAPIUID構造体に格納されている: MAPI がログオンの直後に、 IXPLogon::AddressTypesメソッドを呼び出すとします。Transport providers publish a list of supported address types and identifiers — stored in MAPIUID structures — when MAPI calls their IXPLogon::AddressTypes method, directly after logon. 受信者のアドレスの種類は、 PR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) プロパティに格納されます。A recipient's address type is stored in its PR_ADDRTYPE (PidTagAddressType) property.

アドレスの種類を登録することを示します MAPI トランスポート プロバイダーは、登録されているアドレスの種類を設定、 PR_ADDRTYPEプロパティを使用して受信者に配信できること。Registering for an address type indicates to MAPI that the transport provider can deliver to recipients with their PR_ADDRTYPE property set to the registered address type. 同様にのMAPIUIDに登録するには、トランスポート プロバイダーが登録されているMAPIUIDのエントリの識別子によって表される受信者に提供できることを示します。Similarly, registering for a MAPIUID indicates that the transport provider can deliver to recipients that are represented by entry identifiers with the registered MAPIUID.

ほとんどのトランスポート プロバイダーの登録の 1 つまたは複数のアドレスの種類です。数は、 MAPIUIDで登録します。Most transport providers register for one or more address types; few register by MAPIUID. アドレス帳プロバイダーと密に結合し、そのエントリの識別子の形式を理解するためのトランスポート プロバイダーは、 MAPIUID、それによってパフォーマンスの向上によってメッセージを処理するために登録できます。Transport providers that are tightly coupled with an address book provider and understand its entry identifier format can register to handle messages by MAPIUID, thereby improving performance. このような密結合のトランスポート プロバイダーから抽出できます、受信者の電子メール アドレスおよびその他の必要な情報のエントリ id、 IMAPISupport::OpenEntryの呼び出しを使用してそれを開くことがなく。These tightly coupled transport providers can extract the recipient's email address and other necessary information from the entry identifier without having to open it with an IMAPISupport::OpenEntry call.

MAPI は、トランスポート プロバイダーは、複数のトランスポート プロバイダーは、同じアドレスの種類またはMAPIUIDに登録しているときに使用される順序が維持されます。MAPI maintains an order for transport providers, used when multiple transport providers have registered for the same address type or MAPIUID. IMsgServiceAdmin::MsgServiceTransportOrderを呼び出すことによって、この順序を上書きすることができ、 _lpUIDList_パラメーターで指定されたすべてのアクティブなトランスポート プロバイダーのMAPIUIDs の順序付きリストを渡すことです。。You can override this order by calling IMsgServiceAdmin::MsgServiceTransportOrder and passing an ordered list of the MAPIUIDs of all of the active transport providers pointed to by the lpUIDList parameter.:

アクティブなトランスポート プロバイダーの 1 つで処理可能なアドレスの種類のすべての一覧を取得するには、 IMAPISession::EnumAdrTypesを呼び出します。To retrieve a list of all of the address types that can be handled by one of the active transport providers, call IMAPISession::EnumAdrTypes. EnumAdrTypesは、現在のセッションでアクティブになっているトランスポート プロバイダーによってサポートされているアドレスの種類を説明する文字列の配列を返します。EnumAdrTypes returns an array of strings that describes address types supported by the transport providers that are active in the current session.