SExistRestrictionSExistRestriction

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

テーブル内の列として、特定のプロパティが存在するかどうかをテストするために既存の制限について説明します。Describes an exist restriction which is used to test whether a particular property exists as a column in the table.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
typedef struct _SExistRestriction
{
  ULONG ulReserved1;
  ULONG ulPropTag;
  ULONG ulReserved2;
} SExistRestriction;

メンバーMembers

ulReserved1ulReserved1

予約されています。0 にする必要があります。Reserved; must be zero.

ulPropTagulPropTag

プロパティ タグが各行の存在をテストするのには、列を識別します。Property tag identifying the column to be tested for existence in each row.

ulReserved2ulReserved2

予約されています。0 にする必要があります。Reserved; must be zero.

備考Remarks

既存の制限は、他の種類のプロパティとコンテンツの制限などのプロパティに関連する制限の意味のある結果を保証するために使用されます。The exist restriction is used to guarantee meaningful results for other types of restrictions that involve properties, such as property and content restrictions. プロパティが含まれている制限がIMAPITable::RestrictまたはIMAPITable::FindRowに渡され、プロパティが存在しない、制限の結果は定義されていません。When a restriction that involves a property is passed to IMAPITable::Restrict or IMAPITable::FindRow and the property does not exist, the results of the restriction are undefined. 既存の制限のプロパティの制限を結合して**** 制限を作成すると、呼び出し元を正確な結果保証することができます。By creating an AND restriction that joins the property restriction with an exist restriction, a caller can be guaranteed accurate results.

存在タイプ PT_OBJECT サブオブジェクトのプロパティを使用して制限を使用することはできません。Exist restrictions cannot be used with sub-object properties that have type PT_OBJECT.

SExistRestriction構造体の詳細については、制限の詳細を参照してください。For more information about the SExistRestriction structure, see About Restrictions.

関連項目See also

SRestrictionSRestriction

MAPI の構造MAPI Structures