短期的なエントリ idShort-term entry identifiers

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

短期的なエントリの識別子は、識別子が迅速に構築する必要があり、最後の時間または距離にする必要はありません、オブジェクトへのサービス プロバイダーによって割り当てられます。A short-term entry identifier is assigned by a service provider to an object when the identifier must be constructed quickly and does not need to last over time or distance. のみ期間中の現在のセッションでは、現在のワークステーションでは、短期的なエントリ id の一意性が保証されます。The uniqueness of a short-term entry identifier is guaranteed only over the life of the current session on the current workstation. 通常、短期的なエントリ id は、それが表すオブジェクトが解放されるまでにのみ有効です。Typically, a short-term entry identifier is valid only until the object that it represents is released.

ダイアログ ボックスで、参照するために迅速にデータを提供する必要があるエントリをテーブル内の行には、短期的なエントリ id が割り当てられます。Short-term entry identifiers are assigned to rows in tables and to entries in dialog boxes, where it is necessary to provide data quickly for browsing. などのコンテンツ テーブル内のメッセージの行に、受信者テーブル内の受信者に、メッセージ ストア プロバイダーは短期的なエントリの識別子を割り当てます。For example, message store providers assign short-term entry identifiers to rows of messages in a contents table and to recipients in a recipients table.

クライアントは、テーブルの行によって表されるオブジェクトを開く、これらの短期的なエントリ id を使用できます。Clients can use these short-term entry identifiers to open the objects represented by the table rows. ただし、 OpenEntryメソッドのいずれかで使用できる長期のエントリ id とは異なり、短期的なエントリ id はコンテナーのOpenEntryメソッドで使用される必要があります。However, unlike long-term entry identifiers that can be used with any of the OpenEntry methods, short-term entry identifiers should be used with the container's OpenEntry method.

短期的なエントリ id を実装します。Implementing short-term entry identifiers

短期的なエントリ id を実装する最も一般的な方法を以下に示します。The most common ways to implement short-term entry identifiers include the following:

  • すべてのフラグの設定を解除のまま、長期的な識別子として同じ短期のエントリ id を行っています。Making the short-term entry identifiers the same as the long-term identifiers, leaving all of the flags unset.

  • 短期的なエントリの識別子のすべてのフラグの設定、長期的な識別子とは異なるを行っています。Making the short-term entry identifiers different from the long-term identifiers, setting all of the flags.

クライアントは、次のように、 abFlagsメンバーを調べることでの 2 つ目の短期的なエントリ id を特定できます。Clients can identify a short-term entry identifier of the second type by examining its abFlags member as follows:

abFlags[0] = 0xFF;
 

サービス プロバイダーによってより妥当性のある短期のエントリの識別子を作成する 1 つまたは複数のフラグをクリアします。Some service providers clear one or more flags to create short-term entry identifiers that have greater validity. などの次のabFlagsメンバーは、複数の日または複数のセッションに使用できる短期的なエントリ id を表します。For example, the following abFlags members represent short-term entry identifiers that can be used for multiple days or for multiple sessions:

abFlags[0] = 0xFF & ~MAPI_NOW;
abFlags[0] = 0xFF & ~MAPI_THISSESSION;
 

クライアントが簡単に取得、使用、および短期的なエントリ id を破棄します。Clients quickly acquire, use, and discard short-term entry identifiers. 大部分は、長期のエントリ id と同じように使用することができます。For the most part, they can be used in the same manner as long-term entry identifiers. OpenEntryメソッドに渡され、 CompareEntryIDsメソッドと比較して、テーブルからは、それらを取得できます。They can be retrieved from a table, passed to the OpenEntry method, and compared with the CompareEntryIDs method. 1 つの例外は、 IMAPIProp::GetPropsメソッドから返されますしないことです。The one exception is that they are never returned from the IMAPIProp::GetProps method. GetPropsから返されるプロパティは、常に長期的なエントリの識別子です。The properties returned from GetProps are always long-term entry identifiers.

関連項目See also