SizedDtblLabelSizedDtblLabel

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

Label コントロールと関連付けられている指定された長さのラベルを記述するためのDTBLLABEL構造体を含む名前付き構造体を作成します。Creates a named structure that includes a DTBLLABEL structure for describing a label control and the associated label of a specified length.

ヘッダー ファイルに指定します。Specified in header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
関連の構造Related structure
DTBLLABELDTBLLABEL
SizedDtblLabel (n, u)

ParametersParameters

nn

ラベルの長さです。Length of the label. これには、終了の NULL 文字が含まれます。This includes the ending NULL character.

uu

新しい構造体の名前です。Name for the new structure.

備考Remarks

SizedDtblLabelマクロを使用して、ラベルの文字数がわかっている場合、表示テーブルのラベルを定義できます。The SizedDtblLabel macro lets you define a display table label when the number of characters in the label is known. 新しい構造体は、次のメンバーで作成されます。The new structure is created with the following members:

DTBLLABEL dtbllabel;
TCHAR lpszLabelName[n];

DTBLLABEL構造体のポインターとして、 SizedDtblLabelマクロからの結果の構造にポインターを使用するには、次のキャストを実行します。To use a pointer to the resulting structure from the SizedDtblLabel macro as a DTBLLABEL structure pointer, perform the following cast:

lpDtblLabel = (LPDTBLLABEL) &SizedDtblLabel;

関連項目See also