メッセージ サービスの構成をサポートしています。Supporting message service configuration

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスの構成をサポートするには、次の手順を使用します。To support message service configuration, use the following procedure:

  1. MSGSERVICEENTRYプロトタイプに準拠しているエントリ ポイント関数を実装します。Implement an entry point function that conforms to the MSGSERVICEENTRY prototype. メッセージ サービスのエントリ ポイント関数では、構成データへのアクセスを管理し、次の状況で呼び出されます。Message service entry point functions manage access to configuration data and are called in the following circumstances:

    • クライアントがログオンするときは、メッセージ サービスを構成するための情報を取得します。When a client logs on to retrieve information to configure your message service.

    • クライアントが表示または構成のプロパティを変更する場合。When a client wants to view or change a configuration property.

    必要があります、メッセージ サービスのほとんどは、エントリ ポイント関数を提供するこれらの関数は厳密には必要ありません。Although most message services will provide entry point functions, as they should, these functions are not strictly required. メッセージ サービスでは、他の方法で構成データへのアクセスを提供できます。Message services can provide access to configuration data in other ways. ただし、エントリ ポイント関数を使用して標準化および構成のプロセスを簡略化します。However, using an entry point function standardizes and simplifies the process of configuration.

    MAPI は、すべてメッセージ サービス エントリ ポイント関数を格納し、メッセージ サービスに関連付けられているプロファイル セクションのプロパティを取得することを期待しています。MAPI expects all message service entry point functions to be able to store and retrieve properties from the profile sections that are associated with their message service. 対話形式で、プログラムを使用して、この機能をサポートすることができます両方、または対話形式で、プログラムを使用しています。You can support this functionality interactively, programmatically, or both interactively and programmatically.

    対話型の構成をサポートするには、メッセージ サービスの構成に関連するプロパティを表示するプロパティ シートを提供します。To support interactive configuration, provide a property sheet that displays the properties involved in configuring your message service. オプションとしてプロバイダーごとに構成可能なプロパティ シートを指定することもできます。As an option, you can also supply property sheets for each configurable provider. メッセージの一部のサービスの構成のプロパティの読み取り専用ビューにユーザーを制限します。その他のメッセージ サービスでは、変更を加えるようにします。Some message services restrict users to a read-only view of configuration properties; other message services allow users to make changes.

    メッセージ サービスのエントリ ポイント関数がプログラムによる構成をサポートするには、ユーザーの介入なしで動作する必要があります。To support programmatic configuration, your message service entry point function must be able to work without user intervention. プロファイル ウィザードでは、メッセージ サービスを呼び出すことができます、プログラムによる構成をサポートする必要があります。If your message service can be called by the Profile Wizard, you must support programmatic configuration. メッセージ サービスされていない場合は、プロファイル ウィザードを使用して構成するのにはそれ自体では、プログラムによる構成をサポートするかどうかを選択できます。If your message service does not allow itself to be configured by using the Profile Wizard, you can choose whether or not to support programmatic configuration.

    メッセージ サービスのエントリの構成をサポートする方法の詳細については関数のポイントし、 MSGSERVICEENTRYを参照してください。For more information about how to support configuration in a message service entry point function, see MSGSERVICEENTRY.

  2. Mapisvc.inf の構成ファイルに、メッセージ サービスのエントリ ポイント関数の名前を発行するには、メッセージの [サービス] セクションで次のエントリを含みます。Publish the name of your message service entry point function in the Mapisvc.inf configuration file by including the following entry in the message service section:

    PR_SERVICE_ENTRY_NAME=<name of message service>

  3. 構成データを表示する 1 つまたは複数のプロパティ シート ダイアログ ボックスを作成します。Create one or more property sheet dialog boxes for displaying configuration data.

  4. メッセージ サービスを構成するのにはプロファイル ウィザードを使用する場合は、次のタスクを実行します。Perform the following tasks if you want to allow the Profile Wizard to configure your message service:

    • WIZARDENTRYプロトタイプに準拠しているエントリ ポイント関数を実装します。Implement an entry point function that conforms to the WIZARDENTRY prototype.

    • SERVICEWIZARDDLGPROCプロトタイプに準拠する標準的な Windows ダイアログ ボックス プロシージャを実装します。Implement a standard Windows dialog box procedure that conforms to the SERVICEWIZARDDLGPROC prototype.

    • その他のイベントに応答するメッセージ サービスのエントリ ポイント関数を強化します。Enhance your message service entry point function to respond to additional events.

関連項目See also