名前付きプロパティをサポートしています。Supporting Named Properties

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

実装する任意のオブジェクト、 IMAPIProp: IUnknownインターフェイスは、名前付きプロパティをサポートできます。Any object that implements the IMAPIProp : IUnknown interface can support named properties. 名前付きプロパティのサポートに必要です。Support for named properties is required for:

  • アドレス帳プロバイダーのコンテナーにコピーするには、他のプロバイダーからのエントリを許可します。Address book providers that allow entries from other providers to be copied into their containers.

  • メッセージは、任意のメッセージの種類を作成するのに使用できるプロバイダーを格納します。Message store providers that can be used to create arbitrary message types.

名前付きプロパティのサポートは、他のすべてのサービス プロバイダーのオプションです。Named property support is optional for all other service providers. 名前付きプロパティをサポートしているサービス プロバイダーは、 IMAPIProp::GetNamesFromIDsメソッドとIMAPIProp::GetIDsFromNamesメソッドの名前の識別子にマッピングを実装しなければなりません。Service providers that do support named properties must implement name-to-identifier mapping in the IMAPIProp::GetNamesFromIDs and IMAPIProp::GetIDsFromNames methods. 0x8000 の上の範囲内の 1 つまたは複数のプロパティ識別子に対応する名前を取得するGetNamesFromIDsGetIDsFromNamesを作成するか、1 つまたは複数の名前の識別子を取得するのには、クライアントが呼び出します。Clients call GetNamesFromIDs to retrieve the corresponding names for one or more property identifiers in the over 0x8000 range and GetIDsFromNames to either create or retrieve the identifiers for one or more names.

名前付きプロパティをサポートしていないサービスのプロバイダーにする必要があります。Service providers that do not support named properties must: