受信トレイ フォルダーを通過します。Traversing the Inbox Folder

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

すべての受信トレイのメッセージを順番に表示To cycle through all of the messages in the Inbox

  1. 受信トレイのエントリ id を取得するためにIMsgStore::GetReceiveFolderを呼び出します。Call IMsgStore::GetReceiveFolder to retrieve the entry identifier of the Inbox.

  2. 受信トレイを開くには、 IMAPIFolder::OpenEntryを呼び出します。Call IMAPIFolder::OpenEntry to open the Inbox.

  3. コンテンツ テーブルを取得するために、受信トレイのIMAPIContainer::GetContentsTableメソッドを呼び出します。Call the Inbox's IMAPIContainer::GetContentsTable method to retrieve the contents table.

  4. 内容PR_ENTRYID (PidTagEntryId) に設定する列および必要なその他の任意の列を制限するテーブルのIMAPITable::SetColumnsメソッドを呼び出します。Call the contents table's IMAPITable::SetColumns method to limit the column set to PR_ENTRYID (PidTagEntryId) and any other columns you require.

  5. 行のグループを取得するためにIMAPITable::QueryRowsを呼び出します。Call IMAPITable::QueryRows to retrieve a group of rows.

  6. まで、内容のテーブルには不要になったすべての行があります。Until there are no longer any rows in the contents table:

  7. 各行からのエントリの識別子によって表されるメッセージを開くには、 IMsgStore::OpenEntryを呼び出します。Call IMsgStore::OpenEntry to open the message represented by the entry identifier from each row.

  8. ローカルIMessageインターフェイス ポインターには、 _lppUnk_パラメーターを割り当てます。Assign the lppUnk parameter to a local IMessage interface pointer.

  9. メッセージのプロパティを操作します。Work with the properties of the message.

  10. _LppUnk_パラメーターで指定されたポインターを解放します。Release the pointer pointed to by the lppUnk parameter.

  11. 行の次のグループを取得するためにIMAPITable::QueryRowsを呼び出します。Call IMAPITable::QueryRows to retrieve the next group of rows.

  12. コンテンツ テーブルを解放します。Release the contents table.