UlAddRefUlAddRef

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

OLE メソッドIUnknown::AddRefを起動する別の方法を提供します。Provides an alternative way to invoke the OLE method IUnknown::AddRef.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
ULONG UlAddRef(
  LPVOID punk
);

ParametersParameters

パンクpunk

[in]インターフェイスへのポインターは、任意の MAPI インターフェイスに、 IUnknownインターフェイスから派生します。[in] Pointer to an interface derived from the IUnknown interface, in other words any MAPI interface.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_CALL_FAILEDMAPI_E_CALL_FAILED

予期しない、または不明な発生元のエラーでは、操作を完了できませんでした。An error of unexpected or unknown origin prevented the operation from completing.

備考Remarks

UlAddRefは、インターフェイスの参照カウントの新しい値では、 IUnknown::AddRefメソッドによって返される値を返します。UlAddRef returns the value returned by the IUnknown::AddRef method, which is the new value of the reference count for the interface. 値は、0 以外の値です。The value is nonzero.

IUnknown::AddRefの詳細については、 IUnknown インターフェイスを実装するを参照してください。For more information about IUnknown::AddRef, see Implementing the IUnknown Interface.